東方神起「幸せな日々」全33公演で68万人を動員


東方神起が20日、京セラドーム大阪で「東方神起 LIVE TOUR 2018~TOMORROW~」の最終公演を行った。17年8月の再始動後初のオリジナルアルバム「TOMORROW」を引っさげてのライブツアーで、全33公演を完走し、68万人を動員した。同アルバム収録の「Road」「Jungle」のほか、最新シングル「Jealous」など27曲を披露し、ファンを魅了した。

開演前から、京セラドーム大阪はグループカラーの赤いペンライト一色に染まった。オープニング映像が流れ、地鳴りのような大歓声が響き渡る中、東方神起が登場。17年8月の再始動後初のオリジナルアルバム「TOMORROW」に収録された「Yippie Ki Yay」のメロディーとともに、3時間のミラクルステージが始まった。

今回のツアーは、18年9月のさいたまスーパーアリーナからスタート。全国8カ所でのアリーナツアーに、東京ドーム、京セラドーム大阪公演を加えた10カ所33公演で計68万人を動員。「進化した東方神起の大人の魅力を魅せる」をコンセプトに、新たに管弦楽器のホーンセクションや女性ダンサーなどを加えた。

MCでは2人が「明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします」とあいさつ。そして、アルバムタイトル「TOMORROW」に込められた意味をユンホ(32)が「すてきな明日に向かって今を大切に生きていこう」と解説。さらに、チャンミン(30)が「互いに信じ合って期待を抱こうという意味も含まれています。幸せな日々を一緒に楽しく過ごしていきたい」と話すと場内からは大歓声が沸き起こった。

アンコールではスタンド席のファンの近くまで行きたいと、初の試みである全長14メートルの飛行船型の気球2台に乗って高さ20メートルまで上昇。歌唱しながら会場を1周。フィナーレでは、演出するTRFのSAMも登場。2人は「ほんまに楽しかった~。2019年も応援してください。2人の頼りになってください」と呼びかけステージをしめくくった。

東方神起は今年、15周年イヤーを迎える。ユンホは「これまでにない東方神起を魅せれると思いますので楽しみにしてください」とメッセージ。今年も東方神起から目が離せそうにない。

東方神起は4月5~7日まで千葉・幕張メッセで、同9、10日には大阪城ホールで、全9公演のファンクラブイベントを開催する予定。ほかにも、15周年イヤーにふさわしいさまざまな活動を計画中だという。

【出典】https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201901200000817.html

 

 

東方神起 全国ツアー“完走”「素敵な明日に向け楽しく過ごしていきたい」


韓国人デュオ「東方神起」が20日、京セラドーム大阪で全国ツアー最終日を迎えた。

再始動後初の独自アルバム「TOMORROW」(昨年9月発売)を引っ提げ、10カ所計33公演で68万人を動員したツアーを完走し、チャンミン(30)は「あっという間だった」と笑顔。日本デビュー15周年イヤーで、「皆さんと素敵な明日に向け楽しく過ごしていきたい。今年もよろしく」と呼びかけた。

約3時間の公演では「Road」など全27曲を披露した。また気球2機に1人ずつ乗り込み、高さ20メートルに上昇して場内を1周。ドームならではの演出でファン4万5000人を熱狂させた。

【出典】https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/01/21/kiji/20190121s00041000087000c.html

 

 

東方神起“飛んだ”4万5000人が熱狂


韓国の人気デュオ・東方神起が20日、「東方神起 LIVE TOUR 2018 ~TOMORROW~」の最終公演を大阪・京セラドームで行い、「Road」など全27曲を披露した。

20メートルの高さまで“飛んだ”東方神起に4万5000人が熱狂した。アンコールで「This is my love」を歌い始めると、全長14メートルの気球に乗って会場を周遊。最上階の端の観客まで赤いペンライトを振り乱した。

全国10か所33公演で68万人を動員したツアーの締めくくりに、演出を担当したTRF・SAM(57)も駆けつけ、「長いツアーお疲れさま」とねぎらった。最後はチャンミン(30)が「カムサハムニダ」、ユンホ(32)が「ほんまにありがとう」と日韓両国の言葉で感謝を告げた。

今年4月で日本デビュー15年目に突入。ユンホは「新たに、いろいろなことに挑戦していきたい」とさらなる飛躍を誓った。

【出典】https://www.hochi.co.jp/entertainment/20190120-OHT1T50302.html

 

 

空飛ぶ東方神起、気球に乗って“神”対応!ユンホ「ホンマありがとう」


今回のツアーは、昨年9月に発売した約3年9カ月ぶりのアルバム「TOMORROW」の楽曲を中心に構成。最新曲「Jealous」など27曲を熱唱した。昨年、チャンミンは30歳となり、2人とも30代に突入。持ち前のキレのあるダンスに加え、14年のシングル「Sweat」をジャズ風にアレンジして歌うなど“大人の魅力”をアピールして新境地を開拓した。

最後のあいさつでユンホは「3階、4階のみんな、ホンマに楽しかった?」とおちゃめに確認。今年4月27日で日本デビュー15年目に突入するが、ユンホは「2019年もともに歩んでいきましょう」と呼びかけ、チャンミンは「ずっとずっとみなさんと幸せに生きていきたい」と願った。

東方神起は今後、4月5~7日に千葉・幕張メッセ、同9~10日には大阪城ホールで全9公演のファンクラブイベントを開催する。今年はデビュー15年目の記念イヤー。節目にふさわしい、さまざまな活動も期待できそうだ。

【出典】https://www.sanspo.com/geino/news/20190121/geo19012104000002-n2.html

 

 

東方神起 全国33公演ツアー大阪で締めた “笑いの本場”で大喜利も披露


韓国の人気デュオ・東方神起が20日、大阪・京セラドームで、ライブツアー「TOMORROW」の最終公演を開催。昨秋にスタートさせ、全国33公演で計68万人を動員したツアーを完走した。

最新シングル「Jealous」など全27曲で4万5000人を沸かせた2人。アンコールでは気球に乗って高さ20メートルに上昇し、会場を1周するド派手な演出で驚かせた。ユンホ(32)は「皆さんの情熱がハンパなかったです。ホンマありがとう」と関西弁を交え、声援に感謝した。

歌とダンスだけではない。MCでは川柳や大喜利を披露して楽しませた。トーク中に観客から声をかけられたチャンミン(30)は「そんなに日本語ペラペラじゃないから不安になります。話しかけないで」。笑いの本場で、見事な切り返しで笑わせた。

最新アルバムタイトルでもある「TOMORROW」についてユンホは「明るい日に向かって、皆さんと一緒に歩んでいこうという意味です」と説明。チャンミンは、今年、日本デビュー15周年を迎えることを喜び「やってきて良かった。すごく幸せです」と感謝した。

終演時にはツアーの演出を担当したTRFのSAM(57)もステージに登場。「この2人が大好きなんで、この先も支えてゆこうと思ってます」と語り、喝采を浴びていた。

【出典】https://www.daily.co.jp/gossip/2019/01/21/0011996594.shtml

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。