180412 東方神起 “TVXQ! Talk Beginning Anew With ‘New Chapter #1: The Chance of Love’: Exclusive [Billboard]”

 

 

多くの男性の韓国人有名人にとって、義務的な軍事サービスを果たすために2年近く服用していることは、彼らのキャリアに大きな打撃を与えています。
しかし、東方神起として知られるデュオにとって、それは、アジア全体でK-popをリードする10年半後にした時代の始まりを意味するだけです。

3月末に3年ぶりに1stアルバムをリリースしたU-KNOWとして知られるチョン・ユンホ、そしてMAXと呼ばれるシム・チャンミンは、”New Chapter #1: The Chance of Love”でK-Popの観客の前に再登場した。

彼らの過去の作品であるThe Chance of LoveやFate / Destinyの大半が韓国語で書かれているように、ジャジーなポップ・チューンやバラード、ハウスでの流行のダンス・トラック、 30種類のロマンスフィッティングのタイプ。
「最初のトラックを最後のトラックにリンクすれば、全体の話を見つけることができる」とU-KNOWはソウルからのビデオコールでビルボードに語った。
「それで、あなたは映画を見ているかのような気分になります。個人的に、私はハッピーエンドが欲しい。しかし、我々は彼ら自身のオープンな結論を出すためにそれをファンに任せたかった。アルバムを聞いて、それがハッピーエンドだと感じましたが、どう思いますか? 」

同じ名前を1つのシングルと共有しているにもかかわらず、”The Chance of Love”は、シングルとしてもリリースされた2つの目の曲「Love Line」のゆっくりとした熱帯のポップで始まります。
「この曲は暖かく、今春のカップルの甘い感情を提供します」とMAX。この甘さは、「The Chance of Love」のエレクトロスイングとR&Bハイブリッドのアルバムに先んじて、より洗練された甘い気持ちになります。どちらの曲もメロディック・パワー・バラードやダイナミック・ダンス・トラックのように演奏されず、グループは00年代から10年代初めに有名になったが、過去数年間にグループがどこに行ったかを代表する。
U-KNOWは、「我々は東方神起の洗練さとスキルがこれらの楽しい要素と組み合わされて際立っていると思った」と語り、”The Chance of Love”を参考に、「また、音楽的なような演奏が歌詞に反映されたかった自然に私たちはジャズをスイングさせました。曲の中毒性のフックが焦点です。」

2015年の”Rise As God”のように、”The Chance of Love”は各メンバーと個人的になります。
「ソロトラックのために、前にトライした東方神起のジャンルを選びました」とMAXは言った。
「私のソロトラックは『Puzzle』といい、その曲自体はアルバム内のトラックを橋渡しするパズルのように振る舞います」とU-KNOW氏は説明しています。「それはセクシーさを少し追加する完璧なパズルピースです。」

また、2003年のデビュートラック「Hug」を書いたソングライターのパク・チャンヒョンとのデュオの再結成も見られた。
デビュー以来、東方神起には多くの変化が見られた。特に、3人のメンバーが一度脱退した「東方神起が東方神起でやっていた曲を私たちに与えてくれたことに感謝している」と語った。世界中のファンを魅了しています」とU-KNOWは言いました。
「『Hug』のような軽快なバラード「Lazybones」は、穏やかなポップロック要素を使って演奏を強調しています。積極的なエネルギーでお互いを励ましました」

彼らのキャリアの中で、東方神起がアジアで最も人気のあるボーイバンドではないことをよく承知しています。カシオペアファンの支持率は依然として高く、 コンサートは定期的に売り切れています。
BoAと Britney(2003年にはブリトニー)のクリスマス特集で世界に紹介されてから15年経ちましたが、2人はより成熟したタイプのボーイバンドであることを意味しています。
U-KNOW氏は、「私は、多くの人々にとって長い間持続する友好的なグループになりたい」と語った。「私は人々に不快感を感じさせたくありませんが、自宅のような信頼できる頑丈なグループになりたいです。」

 

 

For many male Korean celebrities, taking nearly two years off to fulfill their mandatory military service means a huge setback in their career. For the duo known as TVXQ!, however, it just means the start of another era after a decade-and-a-half of leading K-pop’s ascent throughout Asia.

When they released their first album in three years at the end of March, Jung Yunho, known as U-KNOW, and Shim Changmin, aka MAX, set out to reintroduce themselves to K-pop audiences with New Chapter #1: The Chance of Love.

A more laid-back album than the majority of their past work, The Chance of Love, or Fate/Destiny as it’s called in Korean, blends jazzy pop tunes, touching ballads, and some trendy dance tracks with house and future bass leanings to showcase the type of romance fitting of 30-somethings. “If you link the first track to the last track, you will find a whole story,” U-KNOW told Billboard over a video call from Seoul. “Then, you will receive some kind of feeling as if you are watching a movie. Personally, I want a happy ending. But we wanted to leave it to fans to have their own open conclusion. When I listened to the album, I felt that it was a happy ending, but I wonder how you think about it.”

 

Despite sharing the same name with one single, The Chance of Love actually starts off with the leisurely tropical pop of “Love Line,” the second song released as a single. “This song is warm and delivers the sweet emotions of a couple this spring,” said MAX. The sweetness leads into a more refined, suaver feeling on “The Chance of Love,” the electro-swing and R&B-hybrid that fronts the album. Neither song plays like the melodic power ballads and dynamic dance tracks the group grew famous for in the ‘00s and early ‘10s, but are representative of where the group’s gone over the past few years. “We thought TVXQ!’s sophistication and skills can stand out when combined with these fun elements,” said U-KNOW, referring to “The Chance of Love.” “Also, we wanted some musical-like performances reflected within the lyrics which naturally led us to swing jazz. The song’s addictive hook is the focal point. Even if you listen to it ever so slightly, the song is attractive enough to capture your ears.”

 

Like 2015’s Rise As God, The Chance of Love gets personal with each member. “For our solo tracks, we chose genres that TVXQ! hasn’t tried before,” said MAX, who delivered the sultry “Closer.” “My solo track is called ‘Puzzle’ and the song itself acts like a puzzle that bridges the tracks together in the album,” explained U-KNOW. “It’s the perfect puzzle piece that adds a little bit of sexiness.”

The album also saw the duo reunite with songwriter Park Chang Hyun, who wrote their 2003 debut track “Hug.” A lot’s changed for TVXQ! since then — most notably the group underwent major changes between 2009 and 2011 after three members left the once-quintet — and working with Park for a track on their first post-military album meant a lot to the pair. “I’m thankful that he has given us a song that TVXQ! could perform in a very TVXQ! way for our fans around the world,” said U-KNOW, referring to the lilting ballad “Lazybones” that, like “Hug,” emphasizes the act’s vocal prowess with gentle pop-rock elements. “While we worked together, we talked about the past memories and encouraged one another with positive energy.”

Moving forward in their career, TVXQ! is well aware that they’re no longer the most popular boy band in Asia, even though their ever-supportive Cassiopeia fan base is still extremely active and they still regularly sell out concerts. It’s been 15 years since they got introduced to the world through a BoA and Britney, (yes, that Britney) Christmas special in 2003, but the two are working out what it means to be a more mature type of boy band. “I want to become a friendly group that lasts for a long time for many people,” expressed U-KNOW. “I don’t want people to feel uncomfortable, but we want to be a dependable, sturdy group, like home.”

 

【出典】https://www.billboard.com/amp/articles/columns/k-town/8302066/tvxq-new-chapter-the-chance-of-love

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。