東方神起、チェジュ航空飛行機胴体に!CA服装などの写真をラッピングした航空機を主要国際線に投入

チェジュ航空(体表取締役社長、LEE SEOKJOO)は東方神起の写真がラッピングされた航空機を公開した。

今年5月にチェジュ航空のイメージモデルとして起用されたユンホの写真をラッピングした「ユノ(ユンホ)航空機」に続き、チャンミンが合流し完全体になった東方神起はCAのユニフォームと旅の服装などの写真をラッピングした航空機を披露した。

航空機胴体ラッピングは、チェジュ航空が韓流スターをイメージモデルとして起用し、一番積極的に活用しているマーケティングだ。航空機を活用した希少性と共に消費者向けに一層新鮮なマーケティングで注目を高めるためだ。

「東方神起」ラッピング機は東方神起の人気が特に高い日本を中心に東南アジアなどの主要国際線に投入し、ラッピングされたモデルプレーンも制作して機内で販売する予定だ。

また、チェジュ航空は東方神起ラッピング機の作業様子が含まれた映像を公式YOUTUBEとFACEBOOKなどにて公開する予定だ。この映像には東方神起の姿が航空機胴体にラッピングされる作業様子と、映像に隠れている東方神起を探すキャンペーンも予定している。

チェジュ航空の関係者は「主力路線である日本は勿論、東南アジアなどのアジア地域からチェジュ航空の認知度を高め、企業ブランド強化のため東方神起を活用した国内外マーケティング活動を広げる予定」と語った。

一方、チェジュ航空は日本の東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・沖縄・松山など7都市と韓国の仁川・金浦・釜山を往復する12の定期路線を就航している。2018年1月6日には鹿児島=仁川線を就航する予定で、日韓線は8都市、13の定期路線になる予定だ。

【出典】http://www.wowkorea.jp/news/enter/2017/1214/10203182.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。