東方神起、浦項地震被害の児童のために5000万ウォン寄付

韓国男性グループ「東方神起」が年末を控えて、助けが必要な低所得家庭の児童支援に5000万ウォン(約500万円)を寄付したことがわかった。

グローバル児童福祉専門機関「緑の傘(チョロクウサン)子供財団」は脆弱階層の児童らの生計を支援するため、「東方神起」が去る17日、5000万ウォンを寄付したと明らかにした。

今回の寄付金は緑の傘子供財団を通じて、後援を受ける低所得家庭の児童のうち、最近地震被害で苦しんでいる浦項(ポハン)地域の児童らの生計費として支援される予定だ。

緑の傘子供財団のイ・ジェフン会長は「助けが必要な児童たちのために、自ら寄付を実践してくれた東方神起に心より感謝申し上げる」とし「今回の寄付金は緑の傘子供財団の後援児童のうち浦項地域の地震被害児童らを支援するために使用する計画だ。被害児童らが一日も早く健康と安全を回復できるよう最善を尽くして支援する」と伝えた。

【出典】https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00000014-wow-asent

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。