東方神起、香港のショッピングセンターにファン殺到…プレスツアーを盛況のうちに終了

東方神起が韓国・日本・香港の記者会見まで盛況のうちに終え、2年ぶりに活動再開を知らせる「TVXQ! ASIA PRESS TOUR」が終止符を打った。

東方神起は、21日午前11時の新羅ホテル(THE SHILLA SEOUL)、同日午後7時30分の東京六本木ヒルズに続き、22日午後7時には香港プラザ・ハリウッドショッピングセンターで「アジアプレスツアー」最後の記者会見を開催し、復帰の心境やこれからの活動計画を明かし、現場に集まった1000人余りの現地ファンと取材陣の関心を集めた。

この日の記者会見で東方神起は、長い間待ってくれたファンと交流する特別な公演となる「TVXQ! Special Comeback Live – YouR PresenT –」を9月30日~10月1日ソウルに続き、10月15日のマカオでも開催するというニュースを伝えた。また、9月25日にユンホのソロ曲「DROP」の音源を公開し、続いて29日にチャンミンのソロ曲音源を公開することを発表し、ファンから大きな反響を得た。

東方神起の香港訪問は2013年以来、約4年7ヶ月ぶりとのことで、記者会見には香港TVB、東方日報、Apple Daily、星島日報などをはじめ、中国Baidu、新浪、凤凰、網易など、中国語圏の主要マスコミ100人余りの取材陣が殺到し、取材合戦を繰り広げ、アジアが待っていた東方神起の復帰に対する高い関心を実感させた。

またこの日、香港国際空港は東方神起が入国する前から彼らを歓迎する数百人ものファンが集まり、周辺がごったがえすなど、変わらぬ人気を見せつけた。

記者会見が開かれた場所がショッピングモールである「プラザ・ハリウッドショッピングセンター」だっただけに、東方神起を一目見ようとファン1000人が集まり、東方神起が「会いたかったです」「愛してます」などを広東語で話すと、現場は割れんばかりの歓声が上がった。

「もう一度永遠に向かって出発」と書かれたプラカードを持って、メンバーの名前を連呼するなど、熱烈とした歓呼を送り続け、アジアを代表するK-POPグループらしい影響力を改めて見せつけた。

【出典】http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2076857

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。