東方神起、ついに2人で帰還…下半期の活動に世界が注目

“軍隊済みドル”(軍隊服務を終えたアイドル) になった東方神起が、ついに完全体になって帰って来る。

東方神起のチャンミンは18日、ソウル地方警察庁で21ヶ月間の義務警察服務を終了し、除隊した。凛々しい姿で現れたチャンミンは、一緒に除隊したSUPER JUNIOR シウォンと敬礼し、ファンに感謝の気持ちを伝え、静かにその場を離れた。

ユンホが4月20日に除隊したのに続き、チャンミンも除隊した東方神起は、いよいよ完全体として帰還する。

最初のスケジュールは、21日の午前にソウルで行われるアジアプレスツアー「TVXQ! ASIA PRESS TOUR」の記者会見だ。この日の記者会見で活動再開に臨む覚悟などを話すものと見られる。

その後コンサートツアーに入り、入隊中待ってくれたファンに姿を見せる。数年間見られなかった二人の完璧なパフォーマンスで、変わらぬ技量を見せつけてくれるだろう。

入隊直前まで韓流スターとして大活躍してきただけに、国内だけでなく海外でもコンサートを続ける予定だ。日本での人気も高いだけに、このコンサートで再び会場はレッドオーシャンに包まれる。

歌手活動に加え、俳優活動も精力的に行う。ユンホは「また、オ・ヘヨン」のソン・ヒョンウクプロデューサーの新作「メロホリック」で俳優復帰を果たす。チャンミンもやはり、俳優活動を並行する見通しだ。

“軍隊済みドル”となった東方神起は、長いブランクを経て誰よりも忙しい2017年を送ることになりそうだ。彼らが披露する下半期の活動に、ファンにとどまらず業界の関心も集まっている。

【出典】http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2076540

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。