昌原「SMタウン」今年着工するように…ビジネスの具体化

â¿ø½Ã Æȿ뵿¿¡ µé¾î¼³ SM¹®È­º¹ÇÕŸ¿î Á¶°¨µµ. /â¿ø½Ã

慶南昌原市が、6月造成計画を発表した「文化複合タウン」、いわゆる「SMタウン」が早ければ今月中旬施行会社と契約するものと見られる。事業推進拘束力を強化する段階と見れば良い。昌原市は許認可の問題だけかからなければ、今年の終わりにSMタウンを着工することができるものと期待している。

「SMタウン」は、SMエンターテイメント(以下SM)が先頭に立って、K-POP公演と展示、体験、宿泊などを提供する文化空間である。

の窓口パルリョン同2万3986㎡市有地のうち、3580㎡が文化複合タウンが入る土地である。

「SMタウン」造成は、地域の若い層の関心が集まる行政である。先月28日、アン・サンス昌原市場がフェイスブック生放送で進行された市民のコミュニケーションでも「SMタウン」関連の質問が多かった。

アン市長は「SMタウンは、冬に工事に入って2年以内に完成されるものと見られる」とし、「世界的な韓流タウンを造成し、若者が楽しむことができる昌原になると期待している」と答えた。

条約には、昌原市とSM、事業施行社の3つの主体が参加する。SMは、オペレーティングプログラム、SMと全国10位内の建設会社が参加するコンソーシアムである施工会社は、全体的な施設に関連した内容を条約に盛り込むされる。

昌原市の投資誘致の関係者は、「文化複合タウン造成発表時に昌原市が提示した内容を具体的な協約に入れて強制を強化しようと努めている」と述べた。

まず、施設関連部分は、SMタウンと住商複合団地、公営駐車場(パルリョン同総合バスターミナル内)などを扱うことになる。施工を引き受ける全国10位内の建設会社にいくつかのベンダーを指定するかが核心だ。具体的な施設計画もよりしなければならない。

運営部分は、やはりプログラムである。協約書には、SMが提示するより具体的な内容を盛り込むのが目的である。

造成計画を発表当時昌原市は「K-POPワールドフェスティバル」勝者と連携したオーディション・トレーニングプログラムをはじめ、△ホログラムコンテンツ△韓流スターをテーマにした宿泊空間△文化・芸術・体育分野のスターと連携したプログラムのような構想を明らかにした。これ具体化したり、新しいコンテンツの提供を受けることができなければならない。

投資誘致の関係者は、「許認可の問題だけ遅延されない場合、年内工事に入るのが現在の目標」と明らかにした。

【出典】http://www.idomin.com/?mod=news&act=articleView&idxno=515323

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。