東方神起&SHINee、米・有名カルチャー誌の”歴代最高のボーイズバンドソング50″に

50-greatest-boy-band-songs-of-all-time

韓国アイドルグループSHINeeと東方神起(SMエンタテインメント所属)が米国のポップカルチャー誌「ローリング・ストーン(Rolling Stone)」が発表した“歴代最高のボーイズバンドソング50(50 Greatest Boy Band Songs of All Time)”に選ばれた。同誌が24日(現地時間)公開した。

SHINeeは2012年に発表した5thミニアルバムから「Sherlock」が、東方神起は2008年に発表した4thアルバムから「MIROTIC」が選定され、SMアーティストのパワーを見せ付けた。

また、SHINeeと東方神起以外にはバックストリート・ボーイズ、イン・シンク、ワン・ダイレクション、ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック、ジャクソン5、モンキーズなど世界最高のボーイズバンドの楽曲が選ばれており、世界的ミュージシャンと肩を並べた2組のグローバル人気を証明した。

ローリング・ストーンはSHINeeの「Sherlock」について「ClueとNoteという独立的な2曲を混ぜて一つの新しい曲として誕生させた韓国最初のハイブリッドリミックス(Hybrid Remix)シングルだ」と紹介し、「ジャクソン5を彷彿とさせるSherlockのメロディは革新的で実験的なK-POPの姿を見せている」と絶賛した。

また、東方神起の「MIROTIC」については「ベテランK-POPグループ・東方神起を現在の地位まで高めた曲であり、ランキングパワーを抱かせた曲だ」とし、「軽快なエレクトロポップのMIROTICは日本チャートでも1位を獲得しただけでなく、韓国のグラミー賞にあたるゴールデンディスクアワーズで受賞する成果を上げた」と好評を綴った。

【出典】http://www.wowkorea.jp/news/enter/2015/0925/10152714.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。