SM、SMTOWN公演2016年には大幅に増加させる計画

s.m.entertainment_logo

KDB大宇証券はエスエム(041510)に対して「動詞が保有しているコンテンツ開発力と、著作権などの過去と未来のIP(知的財産権)を介して、今後数十年間、大幅に増加することが、中国などのアジアのエンターテイメント市場で高い市場支配力を確保することにになるだろう」と分析した。

また、キム・チャングォン、バクジョンヨプアナリストは、「連結ベースの営業利益が2四半期118億ウォンで、第3四半期には220億ウォンに増加する見通しである。収益性に最も大きな影響を与える日本公演ロイヤリティ売上高が第3四半期に急増すると予想される。第3四半期には、少女時代の正規アルバム発売などアーティスト活動が活発に行われている中で、第1四半期と第2四半期に赤字を記録したSM C&Cが第3四半期には黒字転換が期待される」と明らかにした。

一方、 “東方神起軍入隊は2016年、同社業績見通しに否定的な変数である。空白を埋めるために、同社は最近、日本で人気が急上昇している「SHINee」と「EXO」の公演を増やす予定であり、2015年に非常に少なかったSMTOWN公演を2016年には大幅に増加させる計画」と述べた。

KDB大宇証券は28日、SMに対して「ますます良くなっている内外の変数」と投資の意見を「枚数(維持)」で提示した。また、12ヶ月の目標株価を59,000ウォンで出した。

キム・チャングォン、バクジョンヨプアナリストが同種目に対して、今回提示した「枚数(維持)」の意見はKDB大宇証券の直前マーケティング意見をそのまま維持することであり、今年初めのマーケティングの意見に基づいてボルテドやはり「枚数」の意見が維持されてある状態である。
※年間3.1%「パックスストック/大歓声論」は、国内最低金利で最大4億ウォンの信用格付け差分なし未遂/クレジットをすぐに大歓声可能でETFなどを含む全銘柄100%の投資が可能である。

【出典】http://economy.hankooki.com/lpage/stock/201508/e2015082809465692480.htm

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。