東方神起 チャンミン、ユンホの入隊に言及「寂しい」

東方神起のチャンミンがユンホの入隊について「寂しくて恋しい」と明かした。

本日(7日)午後、ソウル上岩洞(サンアムドン)のMBC社屋でMBCの新水木ドラマ「夜を歩く士」(脚本:チャン・ヒョンジュ、演出:イ・ソンジュン)の制作発表会が行われ、イ・ソンジュンプロデューサー、イ・ジュンギ、イ・ユビ、キム・ソウン、イ・スヒョク、チャン・ヒジン、東方神起のチャンミンなどが出席した。

チャンミンは最近ウェブドラマに出演しているユンホとお互いにどんなアドバイスをしあったのかという質問に「僕たちは2人共また未熟な部分が多くて、始める段階、学んでいく段階なので、アドバイスというよりはお互いに励まし合いながら撮影している」と謙虚に話した。

またユンホが入隊を控えていることについては「昨日、SMTOWNの日本公演に一人で行ってきたけど、すごく寂しくて恋しかった。それだけ一人でやっていかなければならないことが多くて一生懸命頑張った。どうしても歌手として活動するときは二人なので、力強い。また早く二人でステージに立ちたい」と伝えた。

また「ユンホ兄さんは入隊前まで仕事がいっぱいだ。時間があれば一緒にご飯を食べたり、ちょっとおしゃべりをしたりしてから見送りたい」と伝えた。

「夜を歩く士」は人間の本性をなくしていないヴァンパイア士キム・ソンヨル(イ・ジュンギ)が男装の女性チョ・ヤンソン(イ・ユビ)と共に絶対悪に立ち向かう秘策が盛り込まれた「チョンヒョン世子備忘録」を探すことで繰り広げられる物語を描く。

ドラマ「太陽を抱く月」「奇皇后」などを共同演出したイ・ソンジュンプロデューサーと「コーヒープリンス1号店」を執筆したチャン・ヒョンジュ脚本家が意気投合した。韓国で今月8日から放送される。

【出典】http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2024133

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。