SM、シャイニーとEXOは今年からドームツアーを行う予定

s.m.entertainment_logo

SM(041510)について新韓金融投資は「シャイニーとEXOの日本での活動強化で東方神起のスペースは最小限に抑えされる見通しだ。

シャイニーとEXOは今年からドームツアーを行う予定である。シャイニーは去る3月2回にわたって東京ドームツアーを進行した。EXOはデビュー以来、日本でアルバム発表やプロモーション活動が皆無だった。しかし、11月の東京ドーム(3回)と京セラドーム(3回)6回にわたって30万人の観客を集客する予定である。日本内高い認知度を確認することができる部分」と分析した。

また、「動詞株価は徐々に上昇が期待される。まず、実績は第1四半期を底に改善される見込みである。成長の勢いは後半の進行が予想されるSM CHINA 法人設立、新人アーティストのデビュー(SMルーキーズ)を通じたアーティストラインナップ拡大だ」と明らかにした。

一方、「同社の第1四半期の業績は、売上高416億ウォン(+ 10%YoY)、営業利益44億ウォン(-6%YoY)を見る。アルバム/音源部門の売上高は、ジョンヒョン(ソロ)、アンバー(ソロ)、スーパージュニアD&E(ユニット)に反映が予想される。コンサート部門はシャイニー(日本アリーナツアー30回20万人)、少女時代(日本ドームツアー5万人) 、EXO(国内5回、7万人)、SMタウン台湾コンサートが反映されるだろう」と予想した。

新韓金融投資は22日、SMに対して「アーティストが集まってくる」と投資判断を「買い(維持)」に提示し、あわせて目標株価には46,000円を出した。

【出典】http://economy.hankooki.com/lpage/stock/201504/e2015042210313492480.htm

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。