SM、来年ソロプロジェクトフル稼働… “キュヒョン大当たり”継ぎ合わせる

s.m.entertainment_logo

SMエンターテイメントが、来年1月から所属歌手たちのソロプロジェクトを多数進行し、大ヒットを狙う。

すでに知られているf(x)のアンバーのほか、歌唱力ターミネーターから豪華なパフォーマーまで、様々な歌手が極秘裏にソロ作業を進めている。

まず来年1月には、優れた音楽性を持ったしたアイドルメンバーがソロ歌手として大衆の前に立つ予定。 SM側はこのメンバーの作業と関連して徹底したセキュリティを維持しているが、来年このメンバーをはじめとアンバーなど、様々な歌手たちのソロプロジェクトを相次いで披露し、365日「フル稼働」する計画であると伝えられた。

優れた能力に優れたビジュアルまで備えていたグループの活動に、より完売してきたSM所属歌手たちが、さまざまなソロプロジェクトを介して別の色を示すことによって、既存の色の領域をより拡大する良いきっかけになる見込み。

今年最初のリリースした2件のソロ作業が期待以上の成果を見せたことだし眺めはより明るい。今年SMエンターテイメントは、シャイニーのテミン、スーパージュニアのキュヒョンのソロアルバムを出して既存のグループの色とは全く異なる音楽に注目を集めた。

清涼なシャイニーの末っ子メンバーだったテミンはダークで反抗的なオーラをたっぷり盛り込んだ「怪盗」に完全に異なるビジュアルと音楽をリリースしてファンたちを驚かせたし、キュヒョンはSMがよくライン見えなかった感性に満ちポップバラードで、既存のバラードの王子「と肩を並べた。

特にキュヒョンの成果は驚くほどである。彼はトイ、ソン·シギョンなどの競争でも押されていない深夜時間帯ごとに音源チャート1位に上がっなど強大な音源パワーを誇示し、SMバラードの新しい歴史を書いている。音楽放送で5つの1位のトロフィーを受け取ると、ハントチャートで11月アルバム販売量1位を記録して音源 – アルバム – 放送を引き締めた。また、キュヒョンの海外人気のかみ合ってすぐにiTunesのなど海外のチャートを席巻し、韓国的バラード音楽を、K-POPファンに披露する機会も提供したものと見られる。

(自動翻訳)

http://osen.mt.co.kr/article/G1110022783

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。