チャン·ドンゴンㆍトップㆍ東方神起、済州に爪痕残す

済州の韓流と結合した文化芸術の街が誕生する。

済州観光公社(社長チェ·ガプヨル)と済州特別自治道は、済州市の車のない通り(バオジェン距離)で大韓民国を代表する韓流スターたちのハンドプリンティング発表を開催すると25日明らかにした。

製膜イベントは、文化芸術の街づくり事業の出発点としての26日午後7時にバオジェン距離で開催される。今回の行事には韓流スターが直接参加できませんが、ハンドプリンティングに参加したチャン·ドンゴン、イ·ビョンホン、東方神起などのアーティストのお祝いのメッセージ映像とパレード、バンド演奏などが予定されている。

今回の文化芸術まちづくり事業は、中国を含む、日本と東南アジア諸国の韓流ファンを誘致するためだ。バオジェン距離商店街繁栄会(会長·シネ服)、(社)韓国芸能マネジメント協会(会長ギムジョンド)、連動住民自治センター(銅張ガンハクチャン)が共同で参加した。

首都圏に比べて相対的に文化コンテンツが不足している済州は2011年に指定されたバオジェン距離の名称が2015年まで維持される予定で、その後の準備が要求される時点である。

これ済州観光公社は去る2013年12月(社)韓国芸能マネジメント協会との業務協約を締結するなど、済州の自然と、レジャー、結婚式などさまざまな分野で韓流コンテンツとの連携を強化している。

今回のハンドプリンティングに参加している韓流スターは映画俳優論イ·ビョンホン、チャン·ドンゴン、クォン·サンウ、イ·ジュンギ、チュ·ジフン、チェ·ジョンウォン、歌手はトップ(ビッグバン)、キム·ヒョンジュン(SS501)、チャンミン‧ユンホ(東方神起)などである。

済州観光公社は、「韓流がアジアを越えて、すでにヨーロッパとアメリカ地域まで拡散された状態で、済州の距離に済州の色と韓流の服をコーティングすることで、私の外国人観光客がお気に入りの世界的な文化芸術の街として飛躍すること」と期待した。

【出典】http://www.sisajeju.com/news/articleView.html?idxno=225463

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。