ドラマ『夜警日誌』の視聴率と共に東方神起ユンホの演技も好評!

140903_yunho_night-watcher_G_01

韓国MBC 月火ドラマ『夜警日誌』でムソク役を演じている東方神起ユンホの演技が好評だ。KPOP界では頂点を極める東方神起のユンホだが、これまでの演技の評価は低かった。ユンホは過去に『No Limit ~地面にヘディング~』『野王』などの作品に出演しているが、ドラマ『夜警日誌』のムソク役でその評価を一新した。

15日に放送された『夜警日誌』ではムソク(ユンホ演)が過去、妹のイナが病魔と戦って死ぬ場面を回想する姿が描かれた。このシーンでユンホは高度な嗚咽演技をし、妹を抱きしめて全力で泣くムソクの涙は妹に対する溢れんばかりの愛情と悲しみを表現し視聴者の心を震わせた。
それは、歌手として魅せる東方神起ユンホのカリスマ性からかけ離れた表情だったが、演技は際立っていた。

『夜警日誌』は朝鮮時代を背景に、幽霊を否定する者、幽霊を利用する者、そして幽霊を排除しようとする者の三つの勢力の間で繰り広げられる物語で新感覚ファンタジードラマである。
15日に放送された『夜警日誌』の全国視聴率は11.3%(16日、ニールセン・コリア調べ、以下同じ)を記録した。これは、前回放送分(11.6%)に比べ0.3ポイント低いが、地上波放送局(KBS、MBC、SBS)の月火ドラマのうち視聴率1位を打ち出している。
なお、同時間帯に放送されたドラマ『誘惑』(SBS)は8.8%、『恋愛の発見』(KBS第2)は6.9%だった。
今後はドラマの展開もさることながら、俳優ユンホがムソク役でどこまで評価を上げられるかも、ドラマ『夜警日誌』の見どころの一つかも知れない。

© 2014 KDramaStars.com All right reserved.

【出典】http://japanese.kdramastars.com/articles/10322/20140921/tvxq-yunho-mbc-drama.htm

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。