「夜警日誌」秋夕連休にも視聴率首位を維持

MBC月火ドラマ「夜警日誌」が同時間帯視聴率首位を守った。

10日、視聴率調査会社ニールセンコリアによれば去る9日の夜10時放送されたMBC月火ドラマ「夜警日誌」は、全国視聴率11.6%を記録した。これは去る8日放送分9.6%に比べて2.0%ポイント上昇した数値だ。

この日の放送では、ママ神現れ国が混乱の中でイリン(チョン·イル分)とドーハ(ゴソンフイ分)がお互いの心を確認する姿が描かれた。
去る9日の夜10時放送されたMBC月火ドラマ「ヤギョンクン日誌」が同時間帯視聴率1位を占めた。 この日同時間帯放送されたSBS「誘惑」は8.3%、KBS2「恋愛の発見」は7.7%の視聴率をそれぞれ記録した。

一方、「夜警日誌」は、朝鮮時代を背景に、幽霊を見る王子スタイリングの物語を描いたファンタジー時代劇である。

【出典】http://m.news.naver.com/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=106&oid=421&aid=0001002052

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。