東方神起 チャンミン “夜警日誌 OST:愛してる、その言葉が言えなくて”

night watcher-ost_changmin

 

東方神起ユンホを応援!チャンミン、”夜警日誌”のOSTに参加

東方神起のチャンミンが同じグループのメンバー・ユンホ出演のドラマ『夜警日誌』のOST(劇中歌)に参加した。
チャンミンが歌ったのはMBCドラマ『夜警日誌』のOST Part3で、ムソク(ユンホ演)のラブテーマ曲『愛してる、その言葉が言えなくて』である。

26日正午に公開された同曲は、立派に役を演じるユンホへのプレゼントとしてチャンミンが歌ったものであり、ユンホとの深い絆をうかがい知る事ができる。チャンミンは切ないメロディーに彼独特の感性を注ぎ込んでムソクのキャラクターにパワーを与えている。

『愛してる、その言葉が言えなくて』はLynが歌ったドラマ『太陽を抱く月』のOST『時間に逆らって』で有名となったヒットメイカー、キム博士とWasabii Soundの合同曲で、別れた人への未練を寂しげに表している曲。穏やかに演奏されるピアノとストリングスの旋律にチャンミンの包み込むような優しい歌声が柔らかいハーモニーを作り出し、視聴者の感性を刺激しユンホ演じるムソクの愛をより切なくさせる。

特に、曲中で爆発するチャンミンの歌声はムソクの胸が痛むような片思いの気持ちを表した“愛してると言いたくても俺のそばにもう君はいないじゃないか、会いたいと大声で叫んでも戻れないことが分かっているから恋しい”という歌詞とマッチして、切なさがより一層伝わってくるのだ。

一方、チャンミンのOST参加のニュースにネットユーザーらは「チャンミンが、ムソクのラブテーマ曲を歌ったの?やはり東方神起は2人一緒じゃないと!」「OST参加で応援するなんてかっこいい」「ドラマを見るのがますます楽しみになってきたわ」など、様々な反応を見せた。

なお、ドラマ『夜警日誌』は、朝鮮時代を背景にしたドラマで、霊を否定する者と利用する者、そして退治する者の3つの勢力がぶつかり合う事で繰り広げられるファンタジーロマンス時代劇である。

【出典】http://japanese.kdramastars.com/articles/10194/20140828/tvxq.htm

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。