JYJジェジュン、東方神起ユンホにメッセージ「元気か?初の時代劇は大変だから…」

JYJのジェジュンが東方神起のユンホにメッセージを伝えた。それは過去を越えた友情のメッセージだった。

5人組グループ東方神起が一つから二つのチームに分かれて活動をはじめてもう5年目。偶然だろうが、必然のようにジェジュンがMBC月火ドラマ「トライアングル」を終えてすぐ、同時間帯でユンホが出演するドラマ「夜警日誌」が放送される。ジェジュンが渡したバトンをユンホが受け継いだわけだ。

29日、「夜警日誌」の制作発表会でユンホの「『トライアングル』を見たけど、ジェジュンが頑張っている姿がとても良かった」というコメントを聞いたジェジュンは30日、取材陣と会って「夜警日誌」に出演するユンホへメッセージを伝えた。

ジェジュンは「昔一緒に活動をしていたとき、ユンホが脱水症状になってしまったことがある」とし、蒸し暑さの中で撮影しているユンホのことを心配し、先にMBC時代劇ドラマ「Dr.JIN」に出演した経験をふまえて、時代劇の撮影に対するアドバイスも付け加えた。

「ユンホ、元気か?僕は元気に過ごしているよ。初の時代劇だと思うけど、初めはとても大変だよ。野外撮影もたくさんあるだろう。時間もあまりなくてタイトなCG作業も行うだろうし、武術の練習とかもしなければならないと思う。だから肉体的にきつく、蒸し暑いから水をたくさん飲んで撮影に臨んでほしい。一生懸命にやることももちろん良いが、体に気をつけて、体力のコントロールをして欲しい」

【出典】http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2000460

 

JYJ ジェジュン、東方神起 ユンホとバトンタッチ「頑張っていると聞いた。うまくいくと思う」

JYJのジェジュンが東方神起のユンホとのドラマ“バトンタッチ”について、うまくいくと思うと話した。

ジェジュンは30日、ソウル江南(カンナム)区新沙洞(シンサドン)のカフェで行われた取材陣とのインタビューを通じて、MBC新月火ドラマ「夜警日誌」に出演するユンホに対する質問を受け、応援した。彼が男性主人公役を務めた「トライアングル」は、29日に最終回を迎えた。このドラマの後番組がユンホの出演する「夜警日誌」だ。

ユンホは29日、ソウル永登浦(ヨンドゥンポ)区汝矣島洞(ヨイドドン)63CITYで開催された「夜警日誌」の制作発表会で、「ジェジュンと月火ドラマのバトンタッチをすることになったが、感想はどうか?」という質問を受けた。彼は、「トライアングル」を毎回は見れていなかったと明かしながらも「頑張る姿が良かった。『夜警日誌』に良い影響を与えてくれて、良いことだと思うし、感謝している」と述べた。

これに対してジェジュンは、「ユンホと一緒に演技した俳優たちに『ユンホが頑張っている』と聞いた。時代劇への挑戦は容易なことではないし、夏なので撮影が大変だと思うけれど、うまくいくと思う。ファイト、ユンホ」と答えた。

【出典】http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2000476

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。