140109 東方神起 “2時脱出 カルトショー”

140109_tvxq_cultwo-show_07

140109_tvxq_cultwo-show_10

140109_tvxq_cultwo-show_01

140109_tvxq_cultwo-show_02

140109_tvxq_cultwo-show_03

140109_tvxq_cultwo-show_04

140109_tvxq_cultwo-show_05

140109_tvxq_cultwo-show_09

 

東方神起 チャンミン「カン・ホドン、最初は怖いおじさんだと思った」

140109_tvxq_cultwo-show-2_04

 

グループ東方神起のチャンミンが、放送人カン・ホドンの第一印象についてコメントした。

チャンミンは9日午後韓国で放送されたSBSラジオパワーFM「2時脱出Cultwo Show」で、KBS 2TV「ホドン&チャンミンの芸・体・能~めざせ!ご当地スポーツ王~芸体能」(以下「芸・体・能」)で共演しているカン・ホドンについて「テレビで見た時は怖いおじさんだと思った」とし、「番組をリードする大将としての資質を持っている」と話した。

また彼は「本人のコンディションが良くない時もあるだろうに、周りの人をいつも本人のエネルギーで牽引しようとするリーダーシップが見える」とカン・ホドンを絶賛した。続いて彼は「うるさい時もあるけれど」といいながらも「本当に尊敬している」と話し、笑ってみせた。

15日の収録を最後に「芸・体・能」から降板するチャンミンは「最後の撮影をあと1回残している。昨日も撮影があったが、泣かせてくれた」と伝えた。

東方神起は、6日新曲「Something」をリリースし活発に活動している。

【出典】http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1986213

 

東方神起、結婚に言及「30代には結婚しなければならないと思っている」

アイドルグループ東方神起のメンバーたちが結婚に対する考えを伝えた。

9日午後2時、韓国で放送されたSBSパワーFM「2時脱出Cultwo Show」には、東方神起、Girl’s Day、Eric Namがゲストとして出演した。第1部は東方神起の単独ゲストで行われた。

DJのCulTwoは東方神起に結婚について尋ねた。ユンホは「もともとは27歳に結婚をしたかった。今はそれほど結婚のことを考えていない。でも30代には結婚しなければならないと思っている」と説明した。

チャンミンは「30代になっていい人に出会えたら真剣に考えるべきだと思う」と話した。またチャンミンはユンホに「芯のある女性」を勧めた。

するとCulTwoは「せっかくだからグラマーな人がいいのではないか。芯のあるグラマーが理想のタイプだと言うのはどうか」とけしかけた。チャンミンには「包容力のあるグラマー」を勧め、笑いを誘った。

東方神起はデビュー10周年を迎えて7thフルアルバムをリリースした。タイトル曲は「Something」だ。ラスベガスのビッグバンドショーのように、華麗で変化に富んだステージを連想させるスウィングジャズ曲だ。

Girl’s Dayのタイトル曲も「Something」だ。Girl’s Dayならではの女性らしさをアピールする曲で、セクシーさを強調した。

Eric Namは昨年12月にtvN「食事をしましょう」のOST(劇中歌)を歌った。またMBC「セクションTV芸能通信」で海外スター専門のリポーターとして活躍している。

【出典】http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1986208

 

東方神起 ユンホ、黒歴史を明かす「たくさんあるけれど一番は…」

東方神起のユンホが自身の黒歴史(隠したい過去)を明かした。

韓国で9日の午後2時から放送されたSBSパワーFM「2時脱出Cultwo Show」には、東方神起、Girl’s Day、Eric Namがゲストとして出演した。まず第1部は東方神起が単独ゲストとして出演した。

この日、DJのCulTwoは「人生から消したい黒歴史があるのか?」と質問した。ユンホは「本当にたくさんある。真面目に何でも一生懸命にしようとしていたので、1stアルバムからそういったものが多かった。特に『人生の真理』というラップがある。いきなりH-ユジン兄さんとライム(韻を踏むこと)を合わせようとしてそうなった」と説明した。

ユンホは「あるブログで『人生の真理』を見たけれど、僕も見て爆笑してしまった」とし、自ら「人生の真理」のラップを披露してスタジオを爆笑させた。チャンミンもそんなユンホを見て、お腹を抱えて笑った。

東方神起はデビュー10周年を迎えて7thフルアルバムをリリースした。タイトル曲は「Something」だ。ラスベガスのビッグバンドショーのように、華麗で変化に富んだステージを連想させるスウィングジャズ曲だ。

Girl’s Dayのタイトル曲も「Something」だ。Girl’s Dayならではの女性らしさをアピールする曲で、セクシーさを強調した。

Eric Namは昨年12月にtvN「食事をしましょう」のOST(劇中歌)を歌った。またMBC「セクションTV芸能通信」で海外スター専門のリポーターとして活躍している。

【出典】http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1986214

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。