131226 東方神起 “SMTOWN WEEK “TIME SLIP”:記者会見”

131226_tvxq_time-slip_press-c_14

131226_tvxq_time-slip_press-c_03

131226_tvxq_time-slip_press-c_04

131226_tvxq_time-slip_press-c_05

131226_tvxq_time-slip_press-c_06

131226_tvxq_time-slip_press-c_07

131226_tvxq_time-slip_press-c_08

131226_tvxq_time-slip_press-c_09

131226_tvxq_time-slip_press-c_10

131226_tvxq_time-slip_press-c_11

131226_tvxq_time-slip_press-c_13

131226_tvxq_time-slip_press-c_15

Èò»ö ½´Æ®·Î ¸ÚºÎ¸° µ¿¹æ½Å±â

131226_tvxq_time-slip_press-c_17

131226_tvxq_time-slip_press-c_18

'ÀúÈñ µ¹¾Æ¿Ô¾î¿ä'

'¿À´Ã °ø¿¬ È­ÀÌÆÃ'

'¸ÚÁø °ø¿¬ ±â´ëÇϼ¼¿ä'

131226_tvxq_time-slip_press-c_22

131226_tvxq_time-slip_press-c_01

131226_tvxq_time-slip_press-c_02

 

東方神起 ユンホ、RAINと同じ日にカムバックする心境は?「手本になると同時にプレッシャーも感じる」

アイドルグループ東方神起が、先輩アーティストRAIN(ピ)と同じ日に新曲をリリースする心境を明かした。

東方神起は26日午後6時、京畿道(キョンギド)高陽(コヤン)市KINTEXで開催されたコンサート「SMTOWN WEEK TVXQ! Time Slip」の公式記者会見を行った。

この日、ユンホは「RAIN先輩と同時にカムバックすることに対するプレッシャーはもちろんある。ずっと活動を続けている先輩方の姿は、僕たち後輩のお手本だと思う。RAIN先輩は常に努力していらっしゃる方だ。感謝している」と話した。

そして「東方神起がどこまで新しいものを見せられるだろうかと考えた。デビュー10周年のアルバムには明るく楽しい雰囲気の曲を収録した」と付け加えた。

東方神起は来年1月6日に7thフルアルバム「TENSE」をリリースする。1月3日にKBS 2TV「ミュージックバンク」を皮切りに、4日にMBC「ショー 音楽中心」、5日にSBS「人気歌謡」などでニューアルバムの初ステージを公開する。

【出典】http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1985416

 

東方神起「もう10年…ファンとスタッフのおかげでここまで来れた」

アイドルグループ東方神起が「愛してくださったファンの方々と後ろで支えてくれたスタッフのおかげ」とデビュー10周年を迎えた思いを明かし、感動を与えた。

東方神起は26日午後、京畿道(キョンギド)一山(イルサン)KINTEX・第1展示館5ホールで「SMTOWN WEEK」の一環として開催される単独コンサート「Time Slip」の開催前に記者会見を行い、コンサートをはじめ、デビュー10周年を迎えた感想を語った。

ユンホは「今日が僕たちがデビューしてちょうど10周年になる日だ。感慨深いし、嬉しい気持ちと共に(コンサートを控えて)緊張する部分もある」と正直な気持ちを打ち明けた。

続けて「10年間トップを守ってきた秘訣」を聞かれると、「それは過大評価だ」と謙遜しながら、「トップと言っていただけると非常に嬉しい。僕たちは着実に活動できることだけでも十分にありがたい。ファンの方々、スタッフ、そしてチャンミンがよくやってくれたおかげでここまで来られたのだと思う」と感謝の気持ちを表現した。
チャンミンも「10周年をこのように沢山の方々に囲まれながら迎えることができて意義深い。朝から楽しい一日だったと思う」と感想を伝えた。

さらに「Time Slip」への期待を呼びかけることも忘れなかった。ユンホは「ファンとの特別な共感を準備した。それぞれのステージがある。これまで見たことのないチャンミンを見ることもできる。僕は初めて自作曲を公開する。見ていただければお分かりになると思う」と期待を呼びかけた。

チャンミンは「ファンたちの郷愁を刺激する昔の楽曲を準備した」とデビュー曲「HUG」を披露することを予告し、「久しぶりに歌う『HUG』という楽曲は、世界一厄介だった。当時の歌詞には可愛くて鳥肌が立つ表現が多いけれど、もうすぐ30歳を目前に控えている兄さん(ユンホ)が『君の部屋でベッドになりたい』と歌うのがとても不自然だった」と正直な気持ちを打ち明けた。

続けて「でも、過去に戻ったようでワクワクした。ファンの方々にも喜んでいただけるはずだ」と付け加えた。

メンバーたちは、恥ずかしそうにお互いへの感謝の気持ちも表現した。ユンホは「そばにいるだけで心強い。信頼と自信が生まれる」と明かし、チャンミンは「口喧嘩することもあるけれど、いつもそばにいてくれる人がいるということが本当に心強いし、ありがたい。『僕たち二人で長生きしよう』と話したい」と言って記者会見場に笑いの渦を巻き起こした。
また、10年後のデビュー20周年を想像してみたユンホは「40歳には結婚したい。どうなるか分からないけれど……。そういう状況でもめげずに、東方神起と言えば最高のショー、良いパフォーマンス、人間的にも一緒に成長したと言われるよう努力してみせる」と覚悟を見せた。

最後にチャンミンは「社会に物議を醸す記事では登場しない。頑張るので関心を持って見守っていただきたい」というウィットに富んだ言葉で「KBS芸能大賞」の最高エンターテイナー賞受賞者らしいユーモラスな姿をアピールした。

東方神起は「Time Slip」を通じて、デビュー10周年を迎えた現時点でこれまでの活動を4つの主要テーマで振り返り、ファンたちと一緒に思い出を振り返ってみる多彩な舞台を準備した。年末の暖かくて楽しい雰囲気を再現するという計画だ。

「SMTOWN WEEK」は21日SHINeeを皮切りに、少女時代、f(x)&EXOがコンサートを開催し、26~27日の東方神起のコンサートに続き、28~29日にはSUPER JUNIORの単独コンサートが開催される計画だ。

【出典】http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1985375

 

“デビュー10周年”東方神起「ファンとご一緒できて意味深い」

東方神起が、デビュー10周年を迎えた感想を明かした。

東方神起は26日午後6時、京畿道(キョンギド)高陽(コヤン)市KINTEXで開催されたコンサート「SMTOWN WEEK TVXQ! Time Slip」の公式記者会見で、10年間を振り返った。

この日ユンホは「今日は僕たちがデビューしてから10年になる日です。不思議な気分ですが、そのためか、とても良いことでもありますが、逆にもっと緊張してしまう所もあります。たくさん方々にお越し頂いて感謝します」と明かした。

続いてチャンミンは「今日で10年になる日です。多くの方々とご一緒できて意味深い日になりそうです」と話した。

デビュー10周年を迎えた東方神起は、今回のステージを通じて過去の活動を4つの主要テーマ別に振り返り、ファンと共に思い出を分かち合う予定だ。デビュー曲「HUG」から「Catch Me」などヒット曲をはじめ、日本でリリースした曲、季節感のあるキャロルなど多彩なステージを披露する。

さらに東方神起は、来年1月6日に7thフルアルバム「TENSE」で電撃カムバックする。この日のステージではファンに捧げるニューアルバムの収録曲「いつもそばにいるよ」を先行公開する。

【出典】http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1985406

 

東方神起、新曲「Something」のヒントを明かす“ビックバンド”

アイドルグループ東方神起が、ニューアルバムのタイトル曲に関するヒントを出した。

東方神起は26日午後6時、京畿道(キョンギド)高陽(コヤン)市KINTEXで開催されたコンサート「SMTOWN WEEK TVXQ! Time Slip」の公式記者会見を行った。

この日ユンホはニューアルバムに関連し「タイトル曲『Something』のヒントを出すならば、“ビックバンド”だ」とし、「今日公開された予告映像でもわかるが、今までお見せしてこなかったものを披露できると思う」と明かした。

続けて「これまではシンセサイザーの音楽が強かったが、今回はバンドの音楽に挑戦した」と付け加えた。

東方神起はこの日のコンサートで、ファンに伝えるニューアルバムの収録曲「いつもそばにいるよ」を先行公開した。これに関してユンホは「久しぶりに韓国でコンサートを開催した時、ファンの皆さんが『いつもそばにいるよ』というメッセージを持っていた。本当に感動した。その場に作曲家が一人いらっしゃって、やはり印象的だったのか、それをタイトルとして曲を書いてくださった」と説明した。

デビュー10周年を迎えた東方神起は、今回のステージを通じて過去の活動を4つの主なテーマ別に振り返り、ファンと一緒に思い出を分かち合った。デビュー曲「HUG」から「Catch Me」などのヒット曲を始め、日本でリリースした曲、季節感たっぷりのクリスマスソングなど多彩なステージを披露した。

東方神起は来年1月6日に7thフルアルバム「TENSE」でカムバックする。

【出典】http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1985419

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。