東方神起 ユンホ “ガーナでボランティア活動をしてから笑う癖がついた”

131113_tvxq_road-of-hope_PC_Y_26

東方神起のユンホが、ガーナ共和国でボランティア活動をしてから、ユニークな癖がついたと告白した。

13日午後2時、ソウル永登浦(ヨンドゥンポ)区汝矣島(ヨイド)のKBS新館国際会議室で開催されたKBS 1TV「2013希望ロード大遠征」の制作発表会で、彼は「ガーナの子供たちを見て、僕が大変だと思ったことが彼らが思う大変なことの類にも入らないことを知った。子供たちの笑顔が大きな力になった。だから、大変な時こそ笑うという約束を子供たちにしてきた」と話した。

ユンホは「言葉は違っても僕の気持ちが通じたのか、子供たちも僕の約束に笑ってくれた」とし、「あの子供たちが夢を見つけられるように関心を持ってほしい」と付け加えた。

この日の制作発表会にはユンホのほかにも女優キム・ヒョンジュ、イ・ボヨンが出席した。キム・ヒョンジュはチャド共和国、イ・ボヨンはコンゴ共和国、ユンホはガーナ共和国をそれぞれ訪問し、子供たちに夢と希望を伝えてきた。

「希望ロード大遠征」は韓国の人気スターと共に、世界の恵まれない人々の現実を伝え、視聴者からの支援をもとに、その地域の慢性的な問題を解決し、国境を越えた絆を構築していく番組である。

昨年はアン・ソンギ、BoA、ソン・イルグク、ユン・ウネ、コ・ス、ペ・ジョンオク、ハン・ヘジン、ヤン・ドングンが参加し、今年はイ・ボヨン、パク・サンウォン、キム・ヒョンジュ、東方神起のユンホ、キム・ミスクが参加した。「2013 希望ロード大遠征」は16日から12月14日まで毎週土曜日の午後5時30分から韓国で放送される。

【出典】http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1982117

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。