130730 東方神起チャンミン “ホドン&チャンミンの芸・体・能 (Ep.17)”

130730_tvxq_changmin_variety_01

 

東方神起 チャンミン「芸・体・能」のマスコットに任命します

東方神起のチャンミンは、KBS 2TV「ホドン&チャンミンの芸・体・能〜めざせ!ご当地スポーツ王〜芸体能」(以下「芸・体・能」)で初めてバラエティ番組へのレギュラー出演に挑戦した。多くの憂慮と期待の中で登場した彼は、初放送から4ヶ月が経った今、「芸・体・能」の努力と可愛さを代表するマスコットとなった。

チャンミンは30日午後に韓国で放送された「芸・体・能」で、カン・ホドン&イ・スグン&イ・ジョンス、イ・ジフン、2PM チャンソン&イ・マンギ、ZE:A ドンジュン、BIGSTARのFeelDogなどのメンバーたちと共に京畿道(キョンギド)チュンサンドン&チムに対抗しバドミントン試合を繰り広げた。

この日の放送でチャンミンは、イ・ジョンスとチームを組んで試合を行った。チャンミン&イ・ジョンスチームは16日の放送で一度勝利を味わっている。そのため彼らはさらに一生懸命練習し、二度目の勝利に向けて前進した。

イ・ジフン&チャンソン、イ・スグン&イ・マンギに続きコートに出たチャンミン&イ・ジョンスは、積極的に試合に臨んだ。彼らは多少弱く見える70代組と対決したが、年とは関係ない彼らの素早さに当惑した。しかし、真剣に試合に取り組んだ結果、彼らは結局試合の初勝利とともに唯一の勝利を勝ち得た。

チャンミンは「芸・体・能」が初放送された4月から続けて出演してきた古株のメンバーである。4ヶ月間慣れない姿も見せたが、それでさえも彼は努力と可愛さで変えていった。特に「芸・体・能」がそれほどタレント性を要しないスポーツバラエティという点が彼にとって助けになった。言葉通り、チャンミンは視聴者が見るところでも見ないところでも番組のために一生懸命駆け回った。

この日チャンミンはカン・ホドンから“シム・二勝”というニックネームを得た。先日、15回の試合の末ようやく1勝を得た時は“シム・一勝!、そしてこれで二度目の勝利のため“シム・二勝“になったのだ。愛情たっぷりのカン・ホドンのこのニックネームに、チャンミンは明るく笑ってみせた。汗を流しながら明るく笑う笑顔は、「芸・体・能」でチャンミンが見せる魅力を集約した姿だった。

結局「芸・体・能」チームは、京畿チュンサンドンチームとの対決で負けてしまった。しかしチャンミンは試合が終わってからもイ・ジョンスと共に2勝の嬉しさを満喫した。

子供のように笑いながら次の試合でのファイトを誓う彼の姿は、来週の同時間に放送される「芸・体・能」への期待に繋がっている。バラエティ初心者ではあるが、一層可愛い姿を見せるチャンミンの違った姿に耳目が集中されている。

【出典】http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1974586

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。