130702 東方神起チャンミン “ホドン&チャンミンの芸・体・能”

「ホドン&チャンミンの芸・体・能」東方神起 チャンミン、惜しい敗北に“涙”

東方神起のチャンミンが惜しい敗北の後、涙を見せた。

チャンミンは2日に韓国で放送されたKBS 2TV「ホドン&チャンミンの芸・体・能~めざせ!ご当地スポーツ王~芸体能」(以下「ホドン&チャンミンの芸・体・能」)で、最後のゲームに乗り出した。

この日、「ホドン&チャンミンの芸・体・能」チームはチョ・ダルファンとカン・ホドンの2連勝に支えられ、順調なスタートを見せた。アレックスまで勝利して3勝を達成したが、神話 アンディの相手ソン・ウォンウ氏のパーフェクトゲームとイ・ビョンジン、イ・スグンの連敗で勝負は原点に戻った。

これで勝敗はチャンミン次第となった。対決は薄氷の展開を見せた。9フレームまでチャンミンとパク・ドンヒョクは同率であった。

残ったのは最後の10フレーム。ところが、チャンミンは7つのピンを倒すことに止まった。一方、パク・ドンヒョク氏は落ち着いた態度で9つのピンを倒し、勝利を獲得した。

涙を見せたチャンミンは「イ・スグンさんのゲーム途中から気合を入れ始めた。緊張したって仕方ないから、練習したことを最善をつくしてやってみようと思った。この番組で参加したボウリングの試合のうち、名残惜しさは残るものの最も後悔せず最善を尽くしたゲームだった」と感想を語った。

【出典】http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1972566

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。