「Moonlightプリンス」東方神起 チャンミン、素直なトークが際立った…“新バラエティアイドルの誕生”

東方神起のチャンミンが、新しい姿を披露した。韓国で22日に放送されたKBS 2TV新バラエティー番組「ホドン&チャンミンのMoonlightプリンス」(以下「Moonlightプリンス」)ではイ・ソジンが初回ゲストとして出演し、作家ファン・ソギョンの自伝的小説「宵の明星」に基づいて、「思春期と逸脱」をテーマとしたトークを繰り広げた。

この日初回が放送された「Moonlightプリンス」では、初めてバラエティー番組にレギュラーとして出演するチャンミンのストレートな発言が、バラエティーの先輩であるカン・ホドンとタク・ジェフンを戸惑わせた。

彼は、「少女時代が好きだ」というイ・ソジンの発言に、「ただ若い女性が好きなのではないのか」と言ったり、「学生時代に戻れば、多くの女性と付き合ってみたい」と言ったりするなど、素直でストレートな話し方で、出演者を驚かせた。

それだけではなくチャンミンは、タク・ジェフンの意地悪な質問と攻撃にも余裕を持って答えた。彼は、「学生時代に恋愛したことがない。もしその時に戻ることができたら、可能な限りたくさん恋愛してみたい」と素直に打ち明けた。

これに、茶目っ気たっぷりのチョン・ジェヒョンとタク・ジェフンは、「(恋愛を)どれだけたくさんしてみたいのか」「スキンシップはどこまで?」など、意地悪い質問をし、一瞬の迷いを見せたチャンミンは、「(アダルト動画で)見たところまで」と素直に答えた。

引き続き、3日ぶりのキスを呼ぶ本の中の台詞について、「『私の胸小さいでしょ?』だったと思う」と話し、スタジオを爆笑させた。チャンミンは、「確かに本に出た内容だ。それしか思い浮かばない。脳裏に残ったのがそれしかない」とストレートに話した。

こうしたチャンミンの素直な答えにタク・ジェフンは、「どんな番組でこんな会話ができるのか。僕一人空気読めていないのか」と戸惑いを見せた。

この日、初めてバラエティー番組に挑戦するチャンミンのストレートな発言と自然な姿は、他のバラエティー番組を通じて新しい芸能大勢(デセ:「勢いに乗っている」「ホットな」の意)として浮上したが、この日の放送では存在感がすくなかったチョン・ジェヒョンと比較され、より注目を集めた。

とりわけチャンミンは、落ち着いた雰囲気を盛り上げるために一人で孤軍奮闘し続けるタク・ジェフンのストレートで露骨な質問にも、想像できない素直さを披露し、爆笑を与えた。

この日のゲストであるイ・ソジンほどに目立ったチャンミンは、「Moonlightプリンス」を通じて秘密主義のアイドルの姿ではなく、20代の覇気とストレートな話し方を見せ、新しい芸能ドル(バラエティアイドル)の誕生を予告した。

【出典】http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1961155

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。