東方神起 ユンホ、日本語講師が選ぶ「日本語が上手な韓流スター」1位

東方神起のユンホが、日本語専門の講師が選ぶ「日本語が上手な韓流スター」に選ばれた。
外国語専門教育機関のパゴダ語学院が、自社の日本語専門講師37人を対象に6月の1ヶ月間アンケートを取った結果、回答者の43%がユンホを選んだ。

東方神起の他のメンバーであるチャンミンも同等のレベルの日本語のスキルがあるが、日本人のような言葉使いと巧みな相槌、自然な表現でユンホが1歩前に出た評価だ。

ユンホは特に、韓国人が間違えやすい文法のミスがほとんどなく、東京の標準語だけでなく若い世代の言葉使いまで自由に駆使する点で、ネイティブの講師たちの熱い支持を得た。
2位は、日本での長い活動で外国人らしくない安定した日本語の能力を持つ歌手BoAがランクインした。多くの日本語専門家たちがまず最初に選ぶ日本語の実力者にも関わらず、韓流スターよりはアーティストというイメージが強いためか、26%の回答率と、惜しくも2位に留まった。

少女時代のスヨンは、他のメンバーたちに比べて抜群の日本語の実力で、BoAと同じく2位を獲得した。パゴダ語学院の日本語専門家たちは、「ゆっくりと落ち着いて話す上、巧みな丁寧語の使用、きれいな抑揚と発音、高い語彙力を持って品よく聞こえる」とし、スヨンの日本語も好評を得た。

4位は、東方神起のチャンミンがランクインした。若干韓国式の抑揚や表現が残りはするが、難しい語彙力も自然に駆使するなど、表現力がいいという理由で選ばれた。

日本でシンドロームを巻き起こしている他の韓流スターたちの日本語のスキルはどうだろうか。まず、新たな韓流スターであるチャン・グンソクは、まだ長文の日本語会話がネイティブほど巧みではないが、韓国式の表現が残る他の韓流スターたちに比べて日本式の日本語を駆使しているという意見が多かった。

特有の落ち着いた低音の声と、若い世代が使う表現が男性的な言葉使いとよく似合うという点が特徴として選ばれた。

日本の国民スターとして名を挙げるガールズグループKARAの場合、表現力は多少不足するところもあるが、ガールズグループ特有の可愛らしさが日本語からも見えているという意見だ。韓国人が苦手とする「つ」「ざ」「ず」「ぞ」の発音が「ちゅ」「じゃ」「じゅ」「じょ」に聞こえるなど、発音と単語の選択が可愛いという点でも、KARAだけの魅力を倍増させる日本語の特徴として知られている。

その他の回答として、アイドルではないが日本で女優兼MCとして活躍中のユンソナ、俳優のキム・ジェウクなどが、日本語が上手な韓流スターとして名が挙がった。

【出典】http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1945971

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。