SMエンターテインメント、活動予定を語る「日本の歌手と競争したい」

日本で“超特級韓流”のブームを起こしているSMエンターテインメントが「我々の競争相手は日本の歌手」だと述べた。

SMエンターテインメントジャパンのナム・ソヨン代表取締役は、22日大阪京セラドームで開かれた「東方神起LIVE TOUR 2012~TONE~」の公演を前に、取材陣とのインタビューでこのように述べ「韓国歌手との韓流競争は意味が無い」と話した。

彼は「東方神起の場合も、ブランク期間中にファンが増えた。カムバック曲の「Why?[Keep You Head Down]」のステージを見て、新しい男性ファンができ、地道に成長している」と述べた。また「これからは日本での活動に“注力”というよりは、自然に活動を並行することになるだろう。今年は東方神起、SUPER JUNIOR、少女時代、SHINeeなどの日本活動が予定されている。日本での活動は継続的にやっていくつもりだ。SUPER JUNIORとSHINeeはコンサートが予定されており、少女時代は下半期に新アルバムを発売し、来年初め頃ツアーを行うだろう」と予想した。

東方神起は、今年1月から開かれた名古屋、福岡、新潟、札幌、広島、福井、大阪、埼玉など、日本の9つの都市の26回の公演で、総勢55万人を動員し、韓国歌手としては史上最大規模のツアーを成功させた。

【出典】http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1940967

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。