東方神起 チャンミン、日本で映画俳優デビュー

東方神起のチャンミンが日本で映画俳優としてデビューする。

チャンミンは最近、日本の映画「黄金を抱いて翔べ」にキャスティングされ、映画の中心人物の一人である工学部の留学生に扮する北朝鮮出身の国家スパイ「モモ」役を演じる。

「黄金を抱いて翔べ」は日本のベストセラー作家の高村薫のデビュー作であり、第3回日本推理サスペンス大賞を受賞した同名の人気犯罪小説を原作とした映画。日本の大阪を舞台に繰り広げる6人の男性の金塊強奪作戦を描いた作品である。

監督は映画「パッチギ!」で有名な井筒和幸がメガホンを取り、チャンミンをはじめ、映画「ウォーターボーイズ」「ジョゼと虎と魚たち」などで韓国でも親しみのある俳優の妻夫木聡、浅野忠信、西田敏行らが出演する。

チャンミンは昨年韓国内で放送されたドラマ「パラダイス牧場」でも俳優に挑戦しており、安定した演技で好評を受けた。

東方神起は現在日本で全45万人の規模のライブツアー「東方神起 LIVE TOUR 2012 ~TONE~」で盛況なステージを繰り広げている。

【出典】http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1936709

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。