和解ムードのMnetとSM、背後には”30億のビッグディール”?

MnetとSMエンターテインメント(以下、SM)が2年ぶりに和解した。和解後の初ステージで、東方神起は20日のエムネット「エムカウントダウン」に登場する。

過去2年間、反目を繰り返してきた2社間の和解の背景に関心が集中している。歌謡関係者らはMnetとSMとの間で交わされた”ビッグディール”に注目している。

業界で具体的にささやかれているその内容とは、MentがSMに音源使用料として30億ウォン(約2億2200万円)台の巨額の費用を支払うことと、2社がダンス王を選抜する番組を共同制作するというものだ。

今回のビッグディールで、MnetはSMの過去の音源使用料を含め、今後の音源流通を根拠に30億ウォンの費用を支払ったという。また、ダンスバージョンの「スーパースターK」をMentとSMが共同で企画するという具体的な話も出ている。

「スーパースターK」は歌唱力に比重を置いた歌手を選抜しているが、新番組はダンサーを選抜してSMでアイドルダンス歌手としてデビューさせるというものだ。このビッグディール説によれば、SMがMnetとの応酬で完全な勝利を収めたということになる。これについてMnet関係者は「具体的に確認するすべがない」と言葉少なだった。

2009年、SMは公正性を問題視して”MAMA (Mnet Asian Music Award)”に不参加を唱え、Mnetは東方神起で離脱したJYJの授賞式への交渉を行うなど葛藤の溝が深くなっていた。

【出典】http://japanese.joins.com/article/749/136749.html?servcode=700&sectcode=700

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。