100509 東方神起ユノ “JRichカムバック応援 (SBS人気歌謡)の帰り?”

100509_yunho_stalking_11

100509_yunho_stalking_09

100509_yunho_stalking_10

100509_yunho_stalking_01

100509_yunho_stalking_02

100509_yunho_stalking_03

100509_yunho_stalking_04

100509_yunho_stalking_05

100509_yunho_stalking_06

100509_yunho_stalking_07

100509_yunho_stalking_08

 

ユノ、J.リッチー『こんにちは私の愛’初舞台ウンウォンチャ訪問”義理誇示”

東方神起 ユノが久しぶりに姿を現した。まさに ジェイリッチ メンバー宇宙のデビューを記念するためのもの。

ユンホは5月9日の生放送で行われた SBS ‘人気歌謡』で初舞台申告式を行った男性3人組R&BバラードのグループJ.リッチ(J. Rich)のために、直接楽屋を訪れた。

同日バンソンジョンユノがジェイリッチの舞台に一緒に上がるといううわさが回って様々なポータルサイトを検索結果にオルネリギもしたが、これは事実無根で明らかになった。

実際のジェイリッチ所属事務所の関係者によると、ユンホは同日午前7時からジェイリッチのメンバーである宇宙と一緒にして格別の友情を誇示した。また、メンバーハジュングァ桷には、先輩歌手としてのアドバイスや励まし、賞賛を惜しまなかったという裏話。

ユノに加えて バクスジンこのSBS登村洞公開ホールを見つけジェイリッチを応援した。心強い応援軍のおかげで、ジェイリッチはこの日’さようなら私の愛’の成功的なデビューを終えた。

一方、ユノと拍手の写真はジェイリッチの『さようなら私の愛』のミュージックビデオで熱演を繰り広げた。

 

ジェイリッチ”ユノの友情に感動”

『高校の友人’ ジェイリッチ 『こんにちは、私の愛’ムービー出演をきっかけに、グループ発表ボーカルグループのジェイリッチが実体を現わした。

宇宙桷ハジュンなどで構成されたジェイリッチは最近のシングル<さようなら私の愛>を公開し、活動を開始した。これらは、デビュー前から 東方神起 ユノのミュージックビデオに出演させて興味を起こさせた。ユノは今まで他の歌手のミュージックビデオに出演したことがない。 <こんにちは、私の愛>が最初の作品である。ここには、メンバの宇宙との絆が隠れていた。

「ユンホとは、高校時代からの友人でした。学校でも人気が非常に良かった。誰もが憧れるの友人でした。学生時代よりもソウルの生活でもっと仲良くなったと思う。故郷を離れて生活しながら、意志がドェトゴヨ。お願いはしたが、ユンホ本当にミュージックビデオには本当に出演してくれるいたとは知らなかった。」(宇宙)

ユノと、宇宙は、親睦会で、友情を分かち合った。 1985年生まれの同い年の14人が、毎月の会費を開始し、毎年ボランティア活動を行う会である。昨年の誕生日を迎えた宇宙がユノにミュージックビデオ出演をお願いし、これを彼が承諾しながら行われた。

「最初は拒絶されたと思っていた。何の話ではなかったんですよ。その後初めて、コースを聞いたことがある。ユンホが出演を必ずすると会社を直接説得したことですね。本当に感動しました。義理が大変な友人であるかどうかを知ったが、再び見ることになりましたね。」

ユノの出演のおかげで、ジェイリッチは一気に有名に乗った。各種ポータルサイトのリアルタイム検索語順位に上がることはもちろん、宇宙のミニホームページには連日、門前市を成した。 <こんにちは、私の愛>にも、リアルタイムチャート上位圏に上がって関心を実感した。しかし、東方神起ファンの反応は分かれた。ユノを利用したマーケティングという指摘が多かった。しかし、二人の友情を応援する人々も少なくない。 10年間、数多くの失望を味わった宇宙の事情を誰よりもよく知っているユノの決断だったのである。

宇宙はヘガンという名前で2003年にデビューした。これといったサポートなしで契約に縛られて3年を過ごした。デビューを約束した会社も多数ゴチョトジマン巨額の対価を要求する場合がほとんどだった。自分で会社を設立し、会社を運営しようと試みもしたが、現実の壁にぶつかった。紆余曲折の末、歌手の準備をしていた桷とハジュンウル会って今年の初めのチームクリョトダ。

「堪えてきた時間が単独なので寂しかったです。これで練習するのも一緒で楽しいです。曲ごとに血と汗が混じっているようなアルバムです。真剣に聴いていただきたいと思います。」(宇宙)

ジェイリッチの<さようなら私の愛>は、3つのメンバの和音が印象的なバラード曲だ。その後の活動も計画しており、7月、新しい曲を公開する考えだ。夏には日本での活動も計画している。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。