東方神起の3人、日本でユニットを結成

ジュンス、ユチョン、ジェジュンらSMエンターテイメントと紛争中の東方神起の3人のメンバーが日本で新ユニットを結成する。

東方神起の日本所属事務所エイベックスは14日、公式ホームページを通じて「ジュンス、ユチョン、ジェジュンがユニットを結成することにした。これら3人は新しくエイベックスと専属契約を締結し、ともに活動する」と明らかにした。続いてエイベックスは「3人の結成したユニットはファン感謝イベントで活動を始める。6月5日~6日大阪京セラドーム、同月12日~13日、東京ドームでファンミーティングイベントを開催する」と伝えた。

これら3人のメンバーのユニット結成で「東方神起」は今後、なくなる見通しだ。5人メンバーが東方神起として活動したのは昨年末、日本NHK「紅白歌合戦」以来ない。日本では先月までシングルおよびベストアルバムをリリースしたが、3日、公式的に日本での活動中断を宣言した。ジュンスら3人のメンバーが独自でユニットを結成することによって5人のメンバーがまた団結する可能性は事実上なくなった。

これに対し、SMエンターテイメント側は「今も3人のメンバーの契約は有効だ。専属契約存在確認などに関する本案訴訟が申し立てられた状況で、訴訟の結果がどう出るかもわからないのに、3人でのユニットを結成して自ら東方神起を捨てるのは無責任な行為だ」と遺憾を示した。

【出典】http://japanese.joins.com/article/257/128257.html?servcode=700&sectcode=720

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。