東方神起の日本所属事務所「東方神起活動中断」公式発表

東方神起の日本所属事務所エイベックスが彼らの活動中断を公式発表した。

エイベックスは3日、ホームページを通じて「当社所属アーティスト東方神起に関して発表がございますのでご案内致します。東方神起としての活動を休止致します。東方神起としての活動は休止致しますが、当社は類まれなる才能を持つ、未来ある若者として、今後もそれぞれ5人の活動に関して全力でサポートして参る所存です。今後共、ジュンス、ユチョン、ジェジュン、チャンミン、ユンホに関して温かく見守って頂けるよう、何卒、よろしくお願い申し上げます」と説明した。

このような発表後、エイベックスの松浦代表は4日、自分のツイッター(twitter.com/masatomatsuura)に「私のできることはすべてしたと思う。結局つらい結果が出たが、彼らの選択を応援してくれることが最善だと思う。私の個人的な悲しみは東方神起のファンと違わない」と心境を伝えた。

3メンバージュンス、ジェジュン、ユチョンは昨年7月、韓国の所属事務所SMエンターテイメントを相手に専属契約効力停止仮処分申請を出し、東方神起の国内活動はこれまで全面中断している。

【出典】http://japanese.joins.com/article/877/127877.html?servcode=700&sectcode=720

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。