ユンホ、マイケル·ジャクソン追悼公演猛練習突入

100309_tvxq_yunho_MJ_practis

東方神起ユンホがマイケル·ジャクソン追悼公演に備えて猛練習に突入した。

来る27、28日、ソウル龍山(ヨンサン)戦争記念館平和の広場で開かれるマイケル·ジャクソン追慕公演の舞台に立つユンホが去る5日(現地時間)、米に到着し、本格的な練習に入った。ラスベガスに到着したユンホは、今回の韓国追悼公演の主であり、マイケル·ジャクソンの公演バンド「THIS IS IT」でキーボードを担当しているモーリスプレジャー(Morris Pleasure)と直接会って公演順序と内容の具体的な議論を行った。

彼は「beat it」「THILLER」SMOOTH CRIMINAL」「JAM」などマイケル·ジャクソンのヒット曲の舞台を完全に示すために、現地の振付チームと1日10時間以上猛練習を行っている。

【出典】http://tvdaily.asiae.co.kr/read.php3?aid=126811546547673002

 

ユンホ、M・ジャクソン追悼公演に備え米国でレッスン

今月27-28日、戦争記念館(ソウル市竜山)平和の広場で行われる故マイケル・ジャクソンの追悼公演。出演を予定している東方神起のユンホ(ユノ)は5日(米国・現地時間)米国に到着し、本格的なレッスンを開始した。

9日、SMエンターテインメントが明らかにしたところによると、ラスベガスに到着したユンホは、今回の韓国追悼公演のマスターであり、マイケル・ジャクソンの公演バンド「THIS IS IT」でキーボードを担当したモーリス・プレジャーと対面。公演の準備や内容について具体的な相談をしたという。

ユンホは今回の公演で、「beat it」「スリラー」「SMOOTH CRIMINAL」「JAM」などマイケル・ジャクソンのヒット曲をより完璧に披露するため、本格的なレッスンを開始。現地の振付チームとともに、1日10時間以上の猛特訓をしており、追悼公演への期待をさらに高めている。

【出典】http://ekr.chosunonline.com/site/data/html_dir/2010/03/10/2010031063024.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。