東方神起の3人「裁判府の賢明な判断に感謝、応援にこたえる」

「不当な専属契約から解かれ、自由な芸能活動が可能になった」

グループ東方神起のメンバー、シア・ジュンス、ミッキー・ユチョン、英雄在中など、3人が自分たちの所属事務所であるSMエンターテイメント(以下 SM)を相手に申し立てた専属契約効力停止仮処分申請が、裁判所で一部受理されたことに対して歓迎の意を伝えた。

3人の法律代理人である法務法人世宗のイム・サンヒョク弁護士は、27日報道資料を通じて「裁判所は、SMが三人のメンバーたちの芸能活動に関する第3者との契約を交渉、締結してはならず、三人のメンバーたちの独自の芸能活動を邪魔してはいけないという決断を出した」と語り「メンバーたちの、今までの主張などを大部分受け入れる判断をした」と明らかにした。

続けて「決定の形式は、一部受理だが、その内容は事実上、東方神起の全面勝訴」と話し、「この決定を基点に東方神起三人のメンバーたちは、SMとの専属関係から脱して、SM側の邪魔なしに自由に独自の芸能活動ができることが、永遠に保障された」と話した。

イム弁護士は「東方神起の三人のメンバーたちは、裁判府の賢明な判断に大きな感謝を感じている。特に、この間、ファンが見せてくれた絶対的な信頼と声援に心より感謝している」とし「不当な専属契約から脱して自由な芸能活動ができるようになっただけに、メンバーたちの個性をいかした本当のアーティストとしての姿を見せることで、声援に報いるという意思を表明した」と伝えた。

加えてイム弁護士は「東方神起の三人のメンバーたちは、以前と変わらず完全な姿で活動するように最善をつくすだろう」と話し「既存の不当な収益金精算、全く支払ってもらうことができなかった今年2月以降の収益金分配など、残った問題に関してもSM 側と充分に協議して円満に解決するよう努力する」と明らかにした。

東方神妙メンバー 3人は法院の今度決定で本案訴訟判決の前まで収益配分など一部問題を除いて自由に独自的な活動ができるようになった。

【出典】http://www.kntv.co.jp/news/?p=24315

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。