東方神起ユンホ主演の「地面にヘディング」、無難なスタート

090909_heading-to-the-ground_17

9日に初めて放送されたMBC水木曜ドラマ「地面にヘディング」で俳優デビューしたチョン・ユンホ(東方神起のユンホ)が安堵している。

初回の視聴率は7.2%とやや期待を下回るが、「太陽を飲み込め」「お嬢さんをお願い」のプレミアムを勘案すると悲観的な数値ではない。

「地面にヘディング」は、SMエンターテイメントが自信を持って送り出したチョン・ユンホ、アラのため大きな関心を集めている。

チョン・ユンホは初回で漢江(ハンガン)にはまったり、階段から落ちたりとコミカルなキャラクターを見せた。

【出典】http://japanese.joins.com/article/372/120372.html?servcode=700&sectcode=710

 

 

東方神起ユンホ初ドラマ第1話7.2%

9日に放送開始したMBCドラマ『地面にヘディング』。東方神起のリーダー、ユンホの初主演ドラマで話題を読んだが、数字は振るわなかった。
9日に放送された『地面にヘディング』第1話は視聴率7.2%を記録(10日、TNSメディアコリア調べ)、SBS『太陽を飲み込め』(15.5%)やKBS『お嬢さんをお願い』(14.4%)との視聴率争いでは最下位からスタートとなった。

注目を集めたユンホのドラマデビュー。多少(過剰?)発音や身振りの不自然さはあったものの、新人として今後の可能性を見せた。

【出典】http://ekr.chosunonline.com/site/data/html_dir/2009/09/10/2009091063037.html

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。