東方神起の契約問題、国家人権委員会へ

グループ東方神起のファンが国家人権委員会の門を叩く。彼らはファンサイト「トンネバンネ」を通じ「東方神起と所属事務所SMエンターテイメントが結んだ契約内容は、信じられないほど不公正で反人権的な契約」と主張した。

「SMエンターテイメントは東方神起と結んだ契約書を基に東方神起の人権と価値、尊厳などを毀損させている」とし「一日も早く東方神起が深刻な人権蹂躙の苦痛から抜け出せれるよう、国家人権委員会に陳情を提起することにした」と明かした。28日午後1時30分ごろ、12万1073人の署名が添付された陳情書を国家人権委員会に提出する予定。

東方神起のメンバーユチョン、ジェジュン、ジュンスは7月31日、所属事務所SMエンターテイメントを相手に「不当な契約の束縛から逃れたい」と専属契約効力停止の仮処分申請書をソウル中央地裁に出した。ユンホとチャンミンはそれに加わっていない。

【出典】http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=7&ai_id=103261

 

東方神起ファン、国家人権委員会に12万人の署名と陳情書を提出

グループ東方神起のファンが、国家人権委員会に陳情書を提出した。東方神起のファン・ウェブサイト「トンネパンネ」の会員は、28日午後1時30分ソウル乙支路国家人権委員会に「SM不当契約に反対する人々」という陳情書を提出した。

彼らは陳情書で「専属契約は人の才能と労働を対象にする法律行為であるため、人間が持つ基本的な権利が侵害されてはいけない。契約内容の公正性が検討されなければならない。また人権が侵害される条項は、排除されなければならない」と主張した。「SMの判断で東方神起のすべての芸能活動の権利が決定されるという内容が専属契約に含まれた部分は、歌手の選択権が剥奪されたものだ。人権委で芸能人専属契約書の人権侵害条項に対する対策を立てて欲しい」と訴えた。

この陳情書には、12万1073人の署名が添付された。一方東方神起のメンバージェジュン、ユチョン、ジュンスは、7月31日所属事務所SMエンターテイメントを相手に「不当な契約の束縛から逃れたい」と、専属契約効力停止仮処分申込書をソウル中央地方に提出した。ユンホとチャンミンは、参加しなかった。

【出典】http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=7&ai_id=103300

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。