090102 東方神起ユノ “光州母校訪問”

090102_yunho_go-to-school_01

090102_yunho_go-to-school_02

090102_yunho_go-to-school_03

090102_yunho_go-to-school_04

090102_yunho_go-to-school_05

090102_yunho_go-to-school_06

090102_yunho_go-to-school_07

090102_yunho_go-to-school_08

090102_yunho_go-to-school_09

090102_yunho_go-to-school_11

 

ユノ・ユンホ、母校光州曠日高に奨学金寄託…6人に600万ウォン支給

グループ東方神起のメンバ・ユノ−ユンホ(23)が母校を訪問して奨学金を伝達して後輩たちを励ました.

ユノ・ユンホの母校である光州広域市曠日高はホームページを通じて彼が奨学金で600万ウォンを寄託した事実を知らせた。2004年曠日で(19回)を卒業したユノ・ユンホは 5年ぶりに母校を訪問, 後輩たちと対話の時間を持って希望のメッセージを伝えた.

去る 2日ユノ−ユンホは学校を訪問して後輩たちの中で 6人を選抜 600万ウォンの奨学金を支給することを約定して, 先生たちのお子さんたちと後輩たちにサインしてくれるかと言えば、近く食堂に移動して70人余りと食事をしながら対話を交わしたりした。

この日ユノ・ユンホは後輩たちに”東方神起というグループ活動をしながら一番(回)も母校を忘れて見たことがなかった”と “懐かしさだけおさめて住んだ母校の後輩たちが夢を育ててその夢の実現するように小さな力でもなってくださりたくて直接母校を訪問した”と所感を明らかにした。

特に後輩たちに、”夢を向かって進んでみると成功という二つの字を手に握るようになること”と強調したユノ・ユンホは “大きい夢をおさめてほしい” “とたい事に熱情を傾けなさい” “私はまだ夢を構えて, 行かなければならない途中がまだ遠い”と言う激励の言葉も忘れなかった。

 

東方神起ユノ・ユンホ母校に奨学金快擲、”本当に明らかにしたくなかったが…”

母校のために奨学金を快擲した東方神起メンバーユノ・ユンホが照れくさい心情を伝えた。

ユノ・ユンホの所属社側は、5日”本当に誰にも知らせないで静かにしたかったが不本意ながら知られて照れくさがっている”と明らかにした。

ユノ・ユンホは去る2日光州市光山区に位した自分の母校である曠日高を訪問して在校生6人に奨学金600万ウォンを寄託した。ユノ・ユンホはこの学校の2004年19回卒業生だ。

年末年始に迎えムン・グニョンなど人気スターたちの先行が胸を暖かくしたはずだった。ユノ・ユンホも”人知れず”先行で子供達(Idol) グループ以上のまた他の成熟した面貌をうかがうようにした。

一方去年誰より忙しい一年を送った東方神起は今月初約十日間の休みを取ってメンバー各自が再充電の時間を過ごしていることと知られた.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。