081112 東方神起 “大韓民国演芸芸術賞” ㊗️ダンス歌手賞受賞

081112_tvxq_korean-award_01

081112_tvxq_korean-award_04

081112_tvxq_korean-award_02

081112_tvxq_korean-award_03

081112_tvxq_korean-award_05

081112_tvxq_korean-award_07

081112_tvxq_korean-award_08

081112_tvxq_korean-award_09

 

男性ダンス歌手賞に東方神起=大韓民国芸能芸術賞

12日午後6時から城南アートセンター(京畿道城南市)のオペラハウスで行われた「第15回大韓民国芸能芸術賞」の授賞式で、東方神起が「男性ダンス歌手賞」を受賞した。

東方神起のリーダー、ユンホは「1年7カ月ぶりに帰ってきたが、賞をいただくことができ大変感謝している。愛する「カシオペア(ファンクラブ)」の皆さんや、骨を折ってくださったイベント会社の社員、スタッフの皆さんとともに、この喜びを分かち合いたい」と感想を述べた。

さらにユンホは「ジェジュンが一緒にこの場にいられないのがとても残念だが、ジェジュンもファンの皆さんに“愛している”と伝えてくれ、と言っていた」と付け加えた。ジェジュンはこの日、ドラマの撮影のため授賞式に出席できなかった。

この日ジェジュンが授賞式に出席できなかったため、東方神起は受賞記念のステージを披露する代わりに、4rdアルバムのタイトル曲『呪文‐MIROTIC‐』のミュージックビデオを上映した。

東方神起は昨年、「第14回大韓民国芸能芸術賞」の授賞式でも、「海外人気賞」に輝いている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。