東方神起の4thスペシャルエディション、リョウク&キュヒョン&Ara参加

アジアトップグループ東方神起が、12日4thアルバム『MIROTIC』のスペシャルエディションを発売する。

今回のスペシャルエディションには、 ジェジュンの自作曲『愛する人よ、泣くな』、ユチョンの自作曲『愛、さよなら愛』を含み、計4曲の新曲が追加で収録され、洗練された東方神起の姿が収められた40ページのジャケットも注目を集めている。

今回のアルバムに、新しく収録されたジェジュンが作詞作曲した切ないバラード曲『愛する人よ、泣くな』が、アコースティックなメロディの甘美さとオーケストラ旋律の雄壮さの調和を演出している。ユチョンが作詞作曲、編曲した『愛する人よ、泣くな』は、愛の痛みを淡々と綴った反語法的な歌詞と悲しい感情をミディウムテンポで表現した。特に女優Araが参加した導入部ナレーションは、曲の弱々しさを一層倍加させている。

また『願い』は、ジュンスとチャンミン、スーパージュニアのリョウク、キュヒョンの4人が美しいハーモニーを作り出した曲で、ソフトで甘美な旋律と人生の希望と勇気を込めた歌詞、それぞれ違った個性を持った4人のボーカルが披露する多彩な魅力が引き立っている。最後に『Don’t Say Goodbye』は、愛する恋人に別れを伝えなければならない思いを表現したポップバラード曲で、東方神起メンバーの豊かな感性が感じられる成熟したボーカルとアドリブ、デュエット形式の和音が引き立っている。

今回の4thスペシャルエディションには、メンバーのサインと直筆メッセージ、活動スケッチ写真などで構成した「フォトスタディ2008」も収録される。一方4thアルバムのタイトル曲『呪文-MIROTIC』で各種音楽チャートを独占した東方神起は、『Wrong Number』で後続曲の活動に突入する計画だ。

【出典】http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=7&ai_id=91460

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。