東方神起、タイでも1位…アジア音楽チャート独占

tvxq_4th-album_mirotic_jacket_A

東方神起が、韓国、日本、台湾に続きタイチャートでも1位を獲得、アジア音楽チャートを独占した。

10月28日タイ現地に発売された東方神起4thアルバム『MIROTIC』は、発売と同時にB2S、GRAMOPHONEなど、タイのアルバム販売量集計チャート1位を独占した。

B2S TOP20は、タイの最大アルバムチェーン店B2Sで、1週間のアルバム販売量を集計して発表するチャートにおいて、東方神起は10月27日から11月2日までのアルバム販売量を集計した10月第4週インターナショナルミュージックチャートで、1位を記録した。東方神起の4thアルバムは、また大規模アルバムチェーン店GRAMOPHONEで発表するアルバム販売量週間チャート「GRAM ASIAN POP TOP10」チャート(10月27日~11月2日)でも、トップに輝いた。

また東方神起の『呪文-MIROTIC』は、タイ音楽市場の人気度がひと目で分かるチャンネル「V」Countdownインターナショナルチャート(11月2日付)でも、1位を記録した。このチャートは、タイの音楽放送局の中で最も長い歴史を誇るチャンネル「V」が、視聴者リクエスト(インターネットサイトと郵便等を通したリクエスト曲)を土台に順位を発表する週間チャートだ。

これで東方神起は韓国で各種アルバムチャート1位、放送局音楽番組トリプル・クラウンに輝いたことをはじめ、日本オリコン・ウィークリーシングルチャート1位、台湾アルバムチャート独占、タイ音楽チャート1位など、アジア全域にわたってトップ行進を続けている。

【出典】http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=7&ai_id=91334

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。