『ファミリーが現れた』、東方神起効果で視聴率自己最高更新

081012_tvxq_family_variety_01

SBS『日曜日が良い』の1部『ファミリーが現れた』が、急上昇している。

12日放送開始された『ファミリーが現れた』は、23.0%の全国視聴率を記録した。これは5日放送が記録した21.3%よりも、1.7%上昇した数値だ。東方神起が1年7ヶ月ぶりにカムバックするということで放送前から関心を集めた『ファミリーが現れた』は、番組最高視聴率を更新した。今まで『ファミリーが現れた』の最高視聴率は、9月21日記録した22.1%だった。

人気急上昇中の『ファミリーが現れた』の前に、ライバル番組は崩れ落ちている。 一時日曜芸能番組のトップを維持したKBS第2『ハッピーサンデー』は11.2%、MBC『日曜日、日曜日の夜に』1部は8.3%の視聴率に留まった。この日の『ファミリーが現れた』は、ゲストに東方神起のユンホとジュンスが招待されて、『ファミリーが現れた』レギュラーメンバーと共演した。

ユンホとジュンスは、メンバーと一緒に魚を捕まえ、ステージとは違う面を見せた。ユンホは、ぎこちない関係だったデソンとさつまいもを掘りながら、親密な関係に変わった。レギュラーメンバーとゲストが共演しながら、新鮮な面白みを与えている『ファミリーが現れた』の人気がどこまで続くのか、関心が集められている。

【出典】http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=90417

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。