東方神起 “第4集 MIROTIC:インタビュー”

4th_album_mirotic_image_02

これらが我がのそばに一緒にしたのもいつのまにか5年だ。子供っぽい顔にはにかむほほ笑みが爽やかだったこれらはその間新しい男になってそばに立っている. タイトしたシャツの中にふっと差す堅い筋肉も素敵だ. 彼らはそのようにファンと一緒に一歳の一歳の年を取ったし期待の主でもう韓国歌謡界で無視することができない破壊力を持ったグループで成長した.

秋願うことと一緒に1年7ヶ月ぶりに帰って来た5人の素敵な男ユノ−ユンホ、英雄在中、ミッキーユチォン、シアジュンス、最強チャンミンで構成されたグループ東方神起がまさに彼らだ。東方神起は10月スターウォーズの信号弾を打ち上げるように26日、4集アルバム「MIROTIC」発売に先立って、21日午後ソウル市役所前広場でミニコンサートを開いてカムバックを知らせた. 2万 5000人余りのファンが彼らを捜したし相変わらずの愛を送った。

国内活動が遠のくうちに海外活動に力を注いだ東方神起はメンバー皆肉はちょっと抜けたが代わりに筋肉で団結したいっそう元気な姿で現われてファンを嬉しくした。今度アルバムタイトル曲は「呪文 -MIROTIC-」だ。既存SMP(SM Music Performance)スタイルの歌に似ていたようながらも違う。ハーモニー、ビートが強くてビートに当たるようにパフォーマンスも合わせた群舞で特徴を言えるSMPスタイルで今度は東方神起らしく拗る相変らず強いがメロディー、アドリブラインで自分たちの色をたくさん浮上させた。

1年7ヶ月の間の海外経験を成熟な姿でとかし出した東方神起は10月開かれる非、シン・スンフン、ワンダーガールスなど星の戦争に堂堂と出た。

▼恐ろしがらないのが重要なよう!

10月はまさに星の戦争が起る月だ。ハリウッド映画出演、ワールドツアーを一悲歌その代表的な歌手だ。10月始まるその戦争に音楽ファンはいつよりもときめいている。これらは厳密に見れば音楽スタイルはもちろん男ソロ、グループという生まれ的な差から違う。しかし多いファンを確保しているし韓国歌謡界にすごい波及力を持った歌手という点で常に比較の対象になる。

やっぱりこのごろ歌謡界最高の話題の中で一つは誰がこの秋、戦争で最後の勝者になろうかと言う部分だ。東方神起もこんな周りの好奇心と期待が分からないじゃないはず、もし1年7ヶ月の間国内を留守にした振るにトレンドを追い付くことができなければどのようにするが、この前位反応が来なければどうするがと言う心配をしなかっただろうか知りたかった。しかしこの知りたい事と憂慮は杞憂に過ぎなかった。いざ東方神起はこの競争とこのごろ引き立っている歌謡界雰囲気が嬉しい気付きだからだ。

英雄在中は、「トレンドを固執するとかかまけない。今度アルバム”呪文-MIROTIC”がタイトルになった理由も大衆性を排除しないながらも東方神起の色が盛られているからだった。トレンドというのはずっと変わって私たちがそこに合わせなければならないと思えばむしろおくれるようだ。それでむしろそれを神経使わない。そんなものなどに気を使ったら今度アルバムは出なかったはずだ」と自信した。

ユノ・ユンホは自分たちをピ、ビッグバンなどと比べるのが嬉しいと言った。彼は「私はすごく好きだ。お互いに自分だけが持っている色を大衆に見せてくれてそれが音楽市場活性化を促進することができれば良いようだ。一緒に音楽勉強をすると思う。各各自分たちの音楽で熱心にすれば人気や他のものは自然に付いて来ると思う。私たちが準備したアルバムがどんなに良く聞かせようかそれが私たちの関心で悩みだ」と言った。

引き続き、音楽スタイルが全然違った三つのグループを比べることに対して「全体的に見ればアーティストが本当に多いのにそれほど見る方々が多いから訳もなく人気にこだわることのように見えないか、その部分が惜しくはある。音楽が良くて団結した友達なのに競争構図で見る方々が多いからそんな部分も神経を使わなければならないことか悩みではない悩みもする。私たちが思う絶対目標を持って倦まず弛まず熱心にしてみると他のものは自然に付いて来ることと信じる。恐れないのが重要のようだ」と付け加えた。

シアジュンスはライバルを作る視線に対する所信を現わしたりした。彼は「年末授賞式の対象、1位狙って出たらこんなに多い歌手たちが出なかったはずだ。自分たちの音楽を下で、お目見えするのが誰が勝って負けてする問題ではないと思う。ギャグプログラムを見れば各各コーナーがある。その各コーナーごとに面白い要素があってすべて一つの独立されたコーナーで存在する。歌手も追い求める音楽と個性が全部違ったのにそれをそのまま見ないでヒップホップとダンスを一緒に比較をするとか同じアイドルだから比較をしてそうする必要はなさそうだ。私たちは1年7ヶ月という時間がとても長かったしオリコンチャートでも成績が良かったことを含めてすべての面で今がカムバックするのに良い時点だった。よくできてならなくてはその次の問題だ。”これが東方神起だね”することをもう一度感じらせたらその以上嬉しいのがない」と強調した。

▼韓国人なので差別あったことは全然ない!

東方神起は日本活動をしながら日本オリコンチャート1位に上がるなど多くの成果をおさめた。韓国歌手として日本歌謡界を正面から突破するということが易しいでしょう万はなかったはずだという気がする。韓国歌手と差別をする視線も彼らを大変にさせるの中の一要素ではなかっただろうかたい。ところで意外に韓国歌手なので大変な点はなかったそうだ。

東方神起は、「音楽外的な部分で私たちが解決しなければならないと感じた部分は全然ない。ただ日本歌謡界に対する理解と言語、適応問題があった。日本語勉強をしながら日本音楽に自然的に関心が生じたし小さな舞台からしげしげ実力を積んだ。少しずつ認知度も上がって日本で私たちを見た時、”アーティスト”と考えることを見ながらやりがいを感じた。私たちはトークプログラムにもたくさん出演しないで本当に小さな公演から始めた。そんな努力たちがオリコンチャート1位という良い結果を準のようだ」と言った。

▼休みたくなくて!

国内活動が1年7ヶ月位遠のいたことであって実は東方神起は一時も休むことができなかった。ずっと海外で活動した。休みたいという考えをする法もした。ところが東方神起は「休みたくない。まだおきたくない」と言った声を出した。

ユノ・ユンホは「ただ、ファンの声援でこんなに来ることができたし感謝しただけ私たちを尋ねるファンをたくさんお伺いするのが礼儀と思うのに身が一つだ見るから活動するのに限界がある。それが惜しい異同だ」と絶えず自分たちの夢を向けて疾走することを約束した。

▼BoAアメリカ進出積極的に応援!

同じ会社先輩であるBoAがアメリカ進出を公式宣言した。後輩立場(入場)でBoAのアメリカ進出成功可否をどう思うと問うと口をそろえて言って「よくできるようだ」と積極的な支持を送った。

最強チャンミンは、「私たちは応援する立場だ。BoA先輩はあんまり熱心にして日本でも黙黙と難しさをすべて勝ち抜けた。先輩が汲むたくさんトズォで後輩たちが良い道に行くことができるようにしてくれたら良いだろう」と明らかにした。BoAがアメリカでも通じるようなのかと再び問おう「そのまま信じなければならない。私がアメリカ人でもなくてアメリカ音楽市場もよく分からないがそれを去って今までBoA先輩がして来たことを分かると信じる。先輩はすごい」と力を加えてくれた。

シアジュンスやっぱり「国威宣揚しに行くことで我が国の女歌手だから守ってくれて応援をしてくれるほうが良さそうだ」とBoAに激励を送った。

まだ東方神起は具体的なアメリカ進出計画はない。「1年7ヶ月ぶりに出たから全然そんな考えをする余裕がない」と言う彼らだ。

▼英雄在中演技者挑戦!

また一人の演技と歌手活動を竝行するスターが誕生する兆しだ。英雄在中が韓日合作ドラマ「天国の郵便配達人」で初正劇延期に挑戦する。「天国の郵便配達人」はドラマ「すまない愛する」の異形民PDと日本内から時間が経っても割れない視聴率記録を持っているドラマ「ロングバケーション」の作家北沢エリコが手を取り合った作品だ。このドラマで英雄在中は死後世界と現世を引き継ぐ郵便配達部役を引き受けるようになった。

英雄在中は、「どうしてうちのメンバーたちの中に私をキャスティングしたのか分からない」と言うが、メンバーたちは「すればお上手なスタイルだ。人物紹介を見たが見えるイメージが本当に英雄在中とぴったりだったよ」と英雄在中の延期挑戦を喜んだ。

▼王妃号毒舌…ギャグはギャグのみ!

東方神起も王妃号の毒舌レーダー網を避けることができなかった。しかし東方神起は王妃号の謝りを受け入れたし充分に理解する。東方神起は、「王妃号話をよく分からなくて初めにはどうして私たちに申し訳ないと言うか知れなかった。後で話を聞いて分かったがギャグはギャグだから理解する。面白かった」と余裕を見せた。

東方神起は最近SBS「日曜日が好き:ファミリが浮かんだ」にも出演した。ユノ・ユンホとシアジュンスが出演したが、”ペトッ”メンバーたちが本当に家族のように対してくれ仕事ではなく楽しく遊んで来たような気がした。ユノ・ユンホは故郷である全羅道へ行って大好きだったしシアジュンスも開ける自然を見て活力を捜した。

東方神起の4集活動はもうちょうど始まった。自分たちに対するファンの期待がいくら大きいかもよく分かっている。その期待を真心と本気がたっぷり盛られた音楽で報いなければならないということも分かる。外貌程成熟した音楽に帰って来たと自信ありげに言う人々、今の彼らがいるまで他人が分からなく流した汗と涙がファンをもう一度濡らすことができるのを期待して見る。

「結果だけ見ないのを望む。ただ1行に表現されるその言葉の中に盛られた不安感、さびしさそのすべてのものなどが一緒に伝わったら良いだろう。」

 

4th_album_mirotic_image_05
誰も否認することができないアイドルの至尊東方神起が長い空白期間を終えてカムバックした。

韓国最高アイドルに成長してアジアはもちろん日本まで占領して自他共認”アジアの星”でぐんと立った東方神起。しかし1年7ヶ月と言う(のは)長い時間の間その誰より国内ファンが一番見たかったという東方神起は相変らず間違いない大韓民国のアイドルスターだった。

▼1年7ヶ月ぶりだ。まずアルバムと変化店を紹介してください。

今度アルバムは私たちの意見がたくさん反映された作品だ。その間紹介された東方神起1~3集と差別化を置こうと努力した。大衆性と東方神起だけの色を半々ずつ交ぜた。この部分をまともに評価を受けたい。

▼東方神起万の色と言う(のは)何か?

その間東方神起歌は難しかった。ビートが強かったし踊りも群舞に近かった。しかし今度アルバムは既存私たちがして来たSMPジャンルではない。4集アルバムは誰も真似ることあり得る歌たちだ。そんな中にも拗る相変らず東方神起らしく降下なの出た。言い換えれば大衆性と東方神起万の特徴の中間点を取った。

▼東方神起にしばらく待ったファンにあいさつしてください。

とても久しぶりだ。その何よりありがたくてすまないというものを言いたい。私たちが海外で大きい成果を出すことができたことも皆韓国ファンの力があったからだ。率直に海外活動をして中間に帰って来たい心もあったがむしろ韓国ファンがこれをやめさせた。もう私たちの成果と努力を貴く見せてくれる順番だけ残った。

▼ソンズムンだけ30万枚だ。本人たちが思っても非常に驚きそうだ。

当然驚いた。切ないが現在国内アルバム市場現実上10万枚越しにくい状況だ。率直に私たちは欲心を少し私の20万枚を目標にした。しかしソンズムンリャングがこれをふらりと越してしまった。今まで33万枚位ソンズムンが入って来たがファンにとてもありがたいだけだ。もっと熱心にしなくちゃいけないと言う意志がむっとかかる。

▼からだがずいぶん痩せたようだ。特にユノ・ユンホが目立つ。

ユノ・ユンホが体重を5kgを落とした。運動を本当に熱心にした。2ヶ月の間野菜だけ暮らした。他のメンバーたちがとても心配した。

▼ひとひさしぶりのカムバックだから負担になることはないか?

負担になることはなかったがプレッシャーはあった。何より良いアルバムをお目見えしなければならないというプレッシャーがあった。それでもこんな中多くの努力を傾けたし彼にふさわしい結果が出たようだ。「日本から宣伝して来ました」ではない 「日本から成長して来ました」という言葉が一番よく似合う東方神起だ。

▼東方神起がいないうちに歌謡界トレンドがたくさん変わった。

国内歌謡界トレンドえ?縛られるとか思うスタイルではない。東方神起の色を見せるだけだ。もし私たちがトレンドに合わせなければならないと感じたらいつもおくれた音楽万をしたはずだ。

▼ビッグバンと競争しなければならない。また非道すぐカムバックする。ライバル構図がつかまっているのに率直な気持ちはどうなのか?

非常に良く思っている。かつてからこれに似ている質問を受ければ常に同じな返事をした。良い歌手たちが出ると音楽市場が活性化になる。またお互いの長短所を学んで直すことができる。音楽勉強をすると思えば良い。私たちも他のチームにかかわらず私たち歌だけ熱心に歌ったら人気は付加価置で付いて来るでしょう。

▼それでも競争構図でしきりに追われるに対して心理的な不便なこともあり得る。

どんなに見れば、実はそうだったり片面がある。大韓民国にも立派なアーティストたちが非常に多い。しかしいくつかのチームが、それもジャンルの違うチームが、年大儺人気に縛られてライバルに称される現実は大きい役に立たないこんなにむりやりにブッヒョジダボだからもし人気に恋恋としすることのように見えようか心配もなる。私たちは誰よりもっと人気をあつめようと歌を歌うのではない。

東方神起は歌が良くて団結したチームであるだけだ。
もちろんすべてのアーティストたちは1位のために走る。しかし各チーム皆各自の個性を持っているのに無理な競争構図はお互いに良いでしょうないこともある。誰を勝って負けるのが歌謡界法則ではないでしょうアンヌンニャ。ギャグコンサートを例えると各コーナーごとに楽しさが全部違う。しかしこのコーナーたちの性格を排除したまま誰がもっと面白いと順位を決めるのは無意味だ。同じアイドルだと言ってヒップホップとダンスという確実に他のジャンルにあるチームを比べるのはあまり必要だと思わない。

▼現在歌謡界で目立つアイドル歌手がいたら?

腕が中に焼くと… シャイニが一番目立つ。のような会社という点を除くとしても立派な才能を持ったチームと思う。性分も非常に善良だ. H.O.T、神話など第1世代アイドル、東方神起みたいな第2世代アイドルに引き続きシャイニーだから同じ第3世代アイドルの時代が来るようだ。私たちも熱心にしたがシャイニーは新しい時代に迎えもっと熱心にしていると信じる。

▼日本にあるのに韓国言論や媒体にさびしい事はなかったのか?

ないといえば嘘だ。もちろん私たちが褒め言葉を受ける首都、むち打ちを受けることもできる。これは当然だ。しかし明らかな点はコンサートを見ないでコンサート記事を書くことは事実と違うように照らされることができる。歌を聞いて見て東方神起を判断しなければならないのにいくつかの媒体たちはそうでないようだ。

▼度は私たちがオリコン週刊チャート1位をした時他の韓国グループがトップ10に入った事があった。

ところで一記事にはそのグループが東方神起が何年の間したことを一気にしたという式で表現した。あまりさびしかった。私たちが日本でいくら苦労をしてその席に上って来たのか、どんな活動をしたのかに対しては説明をしない。結果物だけではない -裏面にある努力たちを眺めてくれたら良いだろう。

▼率直に韓国活動よりは日本活動にもっと重点を置かないか心配するファンもいる.

もし私たちがお金を儲けに日本へ行ったら韓流スター看板を伏せて去ったはずだ。3年と言う(のは)時間を新人で投資しなかったはずだ。もちろん私たちも韓流スターたちが好きで尊敬する。しかし私たちは方式が違った。
それでも海外ファンを度外視することもできない。分けの美学が必要な時がある。国内ファンが誤解しなければ良いだろう。むしろ韓国ファンが東方神起が海外でよくできてほしくくれて応援してくれありがたいだけだ。私たちも韓国がなつかしき韓国人という点を憶えてくれ。お金が不如意だったら韓国に帰って来たが海外でも成功するように雨は国内ファンの希望に大変な時間も軽く勝ち抜けた。

▼特別に親しい日本芸能人はだれか?

日本は韓国と放送システムが違う。韓国は控室で待つ時間が多いが日本は自分のタイムだけ録画と他のスケジュールに向ける。日本芸能人たちと親しくなるきっかけがあまり多くない。そのように長い間の時間を過ごした見ても親しい芸能人が3人プンイダと言うほどだ。
ところがこんな中にも同じ所属社の倖田來未とは非常に親しく過ごす。親お姉さん弟(妹)みたいななかだ。TRF、AAA、ゴスペラーズなどとも親しく過ごしている。

▼所属社家族BoAのアメリカ進出を眺める気持ちは?

よくできるようだ。応援する立場(入場)だ。BoAは本当に素敵な先輩だ。日本と同じくアメリカでも水の出入り口をトズォッウならと思う希望である。率直に私たちがアメリカポップ専門家でもなくて、経歴も短いから真剣に言うおくれるならない。ただ 「よくできること」と信じるだけだ。

▼率直にBoAを見て東方神起もアメリカ進出欲心が生じなかったのか

そんな考えはない。「まだ」であるという単語が似合う。まず韓国活動に邁進したいだけだ。アメリカ進出を思う暇がない。

 

4th_album_mirotic_image_06

来る26日4集”ミロティック”を売り出していっそう粹なサウンドと幅広い音楽をお目見えする東方神起は最近記者たちと会って新報発売を控えて処したジレンマに対する告白と虎が皮を残すように永遠な名曲を残したいという望むことを明らかにした。相変らず明るくて郎らかだったが、いかにもおとなしさが付け出した。

▼あまねく愛されたくて

東方神起はもう知られたように10代達の間に爆発的な人気を享受しているアイドルスターだ。2006年アルバム販売量1位と年末授賞式グランドスラムを果たして日本に渡ってオリコン1位という大きい業績を立てて帰って来た人々は、もう一歩一歩進むことに決めた。まさにファン底辺拡大だ。

「初めに日本行って大変な部分も多かったです。”五情飯ごう”で韓国ではかなり人気を集めたが日本でまた始めるだろうたくさん難しかったんです。デビュー時から初審を失わない言ったが、本当に日本で初審にまたしました。それでいよいよオリコン1位をした時一番先に思い出したのが「韓国へ行こう!」だったです。幼い息子が成績表100点受けてご両親に駆け付けたがる心情と言えよう?」(ユノ・ユンホ)

しかしさて「駆けて来た」韓国市場は非常に急変していた。ビッグバン、ワンダーガールス、少女時代などがアイドル市場の核心ターゲット年齢を大幅に高めておいたのだ。また東方神起も日本で前年齢対価参加するコンサートを開催しながら新しい欲望に目覚めたところだった。

「日本でコンサートをしたらですね。幼い小僧から老夫婦まで本当に多様な年令層の人々が来ます・その姿を見ながら「私たち東方神起が志向するのが正しくこんな場面だ」と思ったんです。もちろん10大ファンたちから愛された方が良いが、より幅広い大衆と呼吸しなくちゃいけないと言う考えもしました.」(英雄在中)

それで今度タイトル曲 “呪文”はよりトレンディになった。去るアルバムが少し難解なパフォーマンスジャンルだったら、今度はクングクングゴリはビートにそのまま身を任せれば良いリバースビートトラックだ。歌歌詞も男なら誰も共感することができる、女に呪文をかける内容だ。

▼東方神起色、捨てることはできなくて

これは東方神起の4集に外国作曲家名前が多数目立つことと同じ脈絡だ。東方神起の去るスタイルをよく分かっている国内作曲家よりはこれらが全然分からない状態で作った外国作曲家の曲たちが東方神起の好奇心をひいたのだ。”呪文”を含めて4集アルバム収録曲の中で総8曲に外国作曲家名前が目立つ。

「わざわざ外国作曲家を好んだことではではないです。少し他のスタイルを捜してみるから外国作曲家の曲が多くなったのです.」(ミッキーユチョン)

変化はもちろん悩みも伴った。すぎるほど大衆性を意識したという印象を与えないながらもファンの底辺を広げるのは易しくなかった。

「東方神起色を守りながらもより広い年令層が好んでくれてほしかったです。20代方々もパーティーで聞く粹な曲が必要じゃないでしょうか。トレンドも無視することはできなかったんです。初めて企画会議をハルテから東方神起が倦まず弛まなく悩んだのがまさにその均衡だったです。2~3集を通じて積んだ東方神起色と現トレンドの調和です。またトレンドさえ思えばそれは東方神起の音楽ではないから。」(シアジュンス)
踊りも変わった。指端までまったく同じく合わせた群舞ではなく”ピール”をいかす振付で旋回したこと。五人が各各他のダンスをしながらも全体的に調和を成す踊りなので東方神起デビュー以来一番多い演習量を要したりした。

▼不滅の名曲、残したくて

東方神起は今度アルバムでソンズムン33万枚を記録して話題を集めた。東方神起すら夜明けに所属社職員から電話に出て「いたずらだろう?」と言った位にすごい記録。心配が多かったアルバムだった位成果に対する感動も大きい。

「韓国で成果を成して日本へ行ったら完全はじめから始めるのだったじゃないです。まったく同じなんです。日本でオリコン1位をして韓国へ来たがまた新人のようです。1年7ヶ月という空白が予想より大きかったです。ところでそうするほどもっと余裕を持つ長く悩んだようです。とけることも23曲や真書12曲で選ったので、これまでもとけることを数えきれなくまたしながら修正しました。」(ユノ・ユンホ)

「この前には作曲可分が”この部分をまたやって見よう”と言えばそのまま従ったりしたんです。ところで今度は私たちが先にこんなに、あのように修正して見ようと相議をたくさんしました。それでどんな曲は多くのバージョンに録音して一つで選択したりしたんです。よく呼んだ、歌えなかったよりは私たちばかりの感じを盛りたかったです。私たちスタイルと新しい変化の間でジレンマも多かったし、お上手ではなければならないという負担もあったんです。」(英雄在中)

爆発的なソンズムンにすごく鼓舞されたことは事実だが、まだ満足するには早い。「幾万場売らなくてはならない」という具体的な目標もない。東方神起の目標は相対しなく絶対値だからだ。

「虎が皮を残すように東方神起は名曲を残したいです。20~30年後にも私たちの歌を聞いて、「東方神起の歌だ」できる境地です。長い間音楽活動する先輩たちが本当に偉いです。私たちどうしよく話すのが、後でやや小いライブホールでも5人でずっと歌うことができたら良いというんです。その目標まで、まだですが」(ユノ・ユンホ)

東方神起の次の挑戦はシンガーソングライターとして認められるのだ。もうメンバーたちどうし力を合わせて作っておいた曲が 100曲を超える。早いうちにファンにお目見えする計画。メンバーが伴奏を作れば他のメンバーがメロディーを付けて、末っ子メンバー最強チャンミンが歌詞を書くのが主な方式だ。

「チァングミンイが私たちのの中で愛経験が一番ないのに、本をたくさん読んだからか文をよく書きます。それで作詞は主にチァングミンイに任せます(笑)」(英雄在中)

東方神起は「今度アルバムがよくできれば本当に嬉しいこと」と口をそろえて言った。どのアルバムだと成功に対する喜びがドルハゲッナマはそれほど今度アルバムに対する悩みが大きかったという意味だ。幅広い愛を受けてロンクランするアイドルスター、東方神起の”ひもじさ”はしばらく続く見込みだ。

 

4th_album_mirotic_image_01

「年末の授賞式には賞を取りたい」

インタビューが終わって記者が会場を後にすると、東方神起は横にあったカラオケセットを嬉しそうにつけた。互いにマイクを奪おうとして面白い。インタビューのやり取りで見せた真摯で落ち着いた姿は跡形もない。楽しくてたまらないという表情がようやく二十歳を過ぎたアイドル歌手であることを証明しているかのようだ。

24日、ソウル狎鴎亭洞(アプクジョンドン)のカラオケボックスでインタビューを行った男性グループ歌手・東方神起は「日本のオリコンウィークリーチャートで3回にわたって1位を記録し、音楽活動を行いながらも、韓国に対する恋しさを抱いていた。冗談のように聞こえるかもしれませんが、ニューアルバムは韓国ファンを恋しく思う気持ちと情熱が最も深く込められたアルバム」と話す。1年7カ月ぶりにリリースした第4集『呪文-MIROTIC』はどんなアルバムなのだろうか。

▼”SMPだけ得意なグループ?”という誤解を解きたい

華麗なパフォーマンスと息の合ったダンス、アップテンポで力強いメロディーが特徴のSMP(SMパフォーマンス)。ファーストアルバムの『Hug』以来、SMPを代表曲としてリリースしてきた東方神起は『呪文-MIROTIC』で岐路に立つ。SMPを強く放っているが、メロディーはやや大衆的だ。「SMPしかできないグループだという誤解を受けたくありませんでした。東方神起を東方神起らしくパッケージできる音楽がSMPというのは確かですが、ほかの音楽でも皆さんに感動を与えることができることを伝えたかったんです」

収録曲(12曲)のために録音した曲だけでも24曲になる。今まで曲を提供してくれた作曲家よりも偏りのないほかの作曲家から曲を提供してもらった。BoAの米国進出曲『Eat You Up』の作曲家「Remee/Troelsen」が『呪文-MIROTIC』を作曲している。『楽園』はフィソンが作詞し、『Flower Lady』や『Love in the Ice』など外国人作曲家による曲もたくさん収録されている。

▼メンバーの有仟(ユチョン)はすでに50曲以上も作曲

メンバーの実力がさまざまな曲に発揮されている。シア・ジュンスは『夕焼け..眺める』を、チェガン・チャンミンは『Love in the Ice』をそれぞれ作詞している。ヨンウン・ジェジュンは『Wrong Number』でラップ調の曲の歌詞を書いている。先輩歌手のイ・ヨンの『忘れられた季節』は英雄在中のソロ曲として新たにリメークされた。

「作曲に関心のあるユチョンは50曲以上を作曲しています。今回のアルバムではメンバー全員が東方神起のカラーを出そうと欲を出しました。すべての曲を作曲家の要請通りに一度レコーディングし、そしてメンバーが独自に曲を理解してもう一度レコーディングを行いました。曲をレコーディングする際には自分たちの意見もたくさん反映してもらいました。久しぶりに韓国で活動するので、このようにレコーディングすることがファンの声援に応える唯一の方法だと考えたんです」(ジェジュン)

第3集でファイブ・フィンガーズの『風船』をリメークし、父親と息子世代が一緒に歌える楽しさを感じた東方神起は「ひとつの世代が終わっても、東方神起の歌が不滅の名曲のようにまた別の歌手がリメークしたい曲として残ってくれればと思う。時代が過ぎ去っても忘れ去られない曲を歌っていくのが、東方神起の目標です」と話す。

▼年末の授賞式が楽しみです

東方神起は24日に予定されていたアルバム(第4集)のリリース日を2日間遅らせている。アルバムの前注文が33万枚を超え、生産が注文に追いつかなかったからだ。昨年の韓国音楽産業協会の集計結果によると、最も多く販売されたアルバムがSGワナビーの第4集アルバム(19万枚)だったことを考慮すれば、CD売り上げが不況のこの時期に驚くべき販売数であることが分かる。「最初は所属事務所側が東方神起の気分をよくしようと誉めているのだと思っていました。ところが本当だったんです。スタッフが徹夜してステッカーやジャケットCDケースに入れていると言うので、“自分も手伝いましょうか?”と言いました。本当にありがたいことです」(ユノ・ユンホ)

体重を5キロ落としたというユンホと奇抜なヘアースタイルに変えたミッキー・ユチョン、たくましい体つきになりひと際目を引く。

「2カ月間タマゴしか食べず、野菜中心のメニューで管理してきました。約2年ぶりに韓国ファンの皆さんとお目にかかるのですから。お見せしたいものも多いですし…。今から年末の授賞式が楽しみです。よい結果を出すとねたまれますが、東方神起はまだまだハングリーなんです!」(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。