東方神起ジェジュン、韓日合作ドラマで俳優デビュー

東方神起の英雄在中が映画とドラマ竜で同時製作されるテレシネマ「天国の郵便配達人」で正劇演技に挑戦する。

三和ネットワーク須恵書企てた「テレシネマ」は総7人の日本人気作家と韓国製作陣、出演陣が一緒に作業して韓国で製作される。劇場で上映後、TVで放映予定で英雄在中は一番目話である「天国の郵便配達人」の主人公役を引き受けた。

「天国の郵便配達人」は”すまない愛する”の異形民PDと日本メールへの女王と呼ばれる北沢エリコ作家が一緒にする作品で死後世界と現世を引き継ぐメッセンジャーに関する話だ。北沢エリコは国内でも多くの愛されたKimuraTakuya主演の「空で降りるイルオックゲの星」などを筆を執った人気作家だ。

テレシネマ製作関係者は “今度企画は韓国でだけでなく日本でも劇場, 放送, DVD など多様な通路に流通する計画だから主人公たちも皆寒流スターが言及されている”と英雄在中がキャスティングになった背景を説明した. 国内だけではなく日本でも活動して高い認知度を積んだ東方神妙の英雄在中が主人公であつらえ向きという説明だ. 異形民 PDの ‘すまない愛する’ やはり日本で好評を博したし北沢エリコは国内で認知度が高い日本作家に属する。

現在英雄在中は契約書にはんこは押さなかったが出演を確定した状態だ。その間SBS「東方劇場」、劇場用ドラマ「Vacation」などを通じて演技に挑戦したことがあるが皆正劇と言うよりはファンのためのスペシャル映像に近かった。だから今度作品で正劇に挑戦するようになる。

一方「テレシネマ」プロジェクトは中野組Miho,InoueYumiして、横田りえなど人気日本作家たちが参加して60分または 120分焚掠のTVドラマ及び映画用シナリオを製作して韓国製作陣が作る。まだ編成と正確な上映おころうという決まらなかったが2008年末や2009年初にはファンに公開される予定だ。三和ネトウォックス側は今度企画でシドルヘジョがは寒流をまたたきつけるという抱負だ。

【出典】miru@osen.co.kr
東方神妙の英雄在中が初正劇延期挑戦作品に対して直接明らかにした.

24日午後ソウル鴨鴎亭洞 SM エブリシングカラオケで持ったインタビューで英雄在中は “‘天国の郵便配逹部’の主人公を引き受けた”と明らかにした.

‘天国の郵便配逹部’は韓日合作ドラマで日本有名ドラマ ‘ロングベケイション’の作家北沢エリコがシナリオを引き受けて, KBS 2TV ‘すまない愛する’の異形民 PDが演出を担当する. 英雄在中は ‘天国の郵便配逹部’ 製作陣から直接ラブコールを受けたことと知られた.

英雄在中は “‘天国の郵便配逹部’は DVD, ミニシリーズ, 断片ドラマなどさまざまなバージョンで出る予定”と言いながら “日付が正確に出なかったが 10月以後で撮影に入って行くこと”と言った.

劇中英雄在中の引き受けた役目は天国の郵便配逹部で家族や友達の死を迎えた周辺人々の事情を天国でオルリョボネはちょっと無茶な出てす.

英雄在中は “自分の方式にこの世の中の人々を旧願うと思う肯定的な思考方式を行った無茶な青年”と役目に対して説明した.

こういうわけで英雄在中は東方神妙メンバーの中で初めて個人活動に出るようになった.
ユノ−ユンホは “メンバー各自が個人活動をしながらソロに出るかも, MCを引き受けることもできて延期もできる”と “しかし東方神妙という大きいわく中にあるという事実が一番重要だ”と強調した.

【出典】star@mtstarnews.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。