080301 東方神起 “ショーも観て、映画も観て:ザ・インタビュー (#2)” 放送

080301_tvxq_the-interview_01

 

東方神起の泰安ボランティア、一足遅れて知らされる

東方神起のジェジュンが、油の除去作業のため泰安ボランティア活動に行って来た事実が一足遅れて知らされて話題になっている。ジェジュンは、OBSギョインテレビ『ショーも見て、映画も見て』の『ザ・インタビュー』に出演して「泰安ボランティアに、人知れず行って来た」と告白した。ジェジュンのこのような事実は、チャンミンのボランティア活動の話の中で自然に出た。

ジェジュンは「多くの方々が芸能人の泰安ボランティアを、カッコつけだけのように言うが、事実は違う。僕が行った時、密かに行っている人をたくさん見た」と話した。引き続きジェジュンは「泰安に友達と2回、行って来た。普段からやりたいと思っていたことだったが、本当に意味深いことだった」と伝えた。

また父親と一緒にボランティアに行って来たチャンミンは、泰安での自身の露出と関連「6時間マスクをしていたが、トックク(韓国の雑煮)を食べる時だけはずした。この時、ファンに気付かれたようだ。たった一度マスクをはずした時、多くの方々から気付かれたようだ」と語った。東方神起の温かい話が収録された『ザ・インタビュー』は、3月1日午後6時OBSとホームページを通じて放送される。

【出典】http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=81970

 

東方神起「レッスン生時代、デビューに飢えていた」

“アジアスター”東方神起にも、下積み時代はあった。

5人組アイドルグループ東方神起が、最近OBS京仁TV『ショーも観て映画も観て』の『ザ・インタビュー』に出演し「レッスン生時代は本当に夢多き少年だった」「他のレッスン生と同様に、デビューに飢えていた」と明かした。

また「我々の所属事務所SMエンターテイメントのレッスン生たちは、SMTOWN(所属歌手たちが全員で歌うプロジェクトグループ名)で先輩歌手たちと歌う共通的な夢があったが、現実に叶って嬉しい」「初めてレコーディングする時は本当に緊張したし、気分が良かった」と伝えた。

幼い頃の夢に関連し、チャンミンはマスコミ、ユンホはスポーツ選手と明かしながら「小学1年生の頃からテコンドーの国家代表師範団と共に、ソウル市の100m走で1等になった」と明かした。

一方、彼らはチムチルバン(韓国式サウナ)でチームワークを鍛えた事実を公開したりもした。

東方神起は「チムチルバンが気に入り、アカペラをしたり1人ずつソロ曲を歌ったりした」と話しながら「最初に歌った時は、チムチルバンのご主人にうるさいから出ていけと言われたが、その後おばさんたちの支持を得て長期(?)公演をできるようになった」と付け加えた。

東方神起編は、3月1日のテレビ放送とホームページ(www.obs.co.kr)を通じて公開される。

【出典】http://www.wowkorea.jp/news/enter/2008/0227/10041510.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。