東方神起コンサート人気、ビヨンセも押した

人気グループ東方神起の「The 2nd ASIA TOUR CONCERT “O”」が今年の一年最も多い観客を動員したコンサートで集計された。

チケット前売りサイト、インターパークENTが2007年1月1日から12月10日まで自社で販売された公演を基盤でウェブと電話、現場販売データを集計した結果去る2月23日から25日まで3日間開催された東方新起のコンサートは販売金額基準1位を獲得、去る11月9日と10日両日間開かれたビヨンセの来韓公演(2位)を先んじながら、国内最上アイドルグループの威力を誇示した。

しかし東方神起を除いては人気上位圏は皆海外歌手らのコンサートが占めた。2位から6位までを各々ビヨンセ、エンニオ・モリコーネ、クリスティーナ・アギレラ、リンキンパク、ミューズなど海外ミュージシャンらが順に名前を上げた。特にこれらの中でビヨンセとクリスティーナ・アギレラなどは異例の二日の間2回にかけて公演を広げながら、100万ドルを遥かに越えるギャランティーを持っていった。

その上にコンサートで名前の値段をした歌手はイ・スンチョル(7位)、イ・ソラ・ソン・シギョン(8位)、イ・スンファン(9位)、趙容弼(10位)程度であった。

上半期東方神起のコンサートが最も人気があったとすれば、下半期には断然ヒップホップ・アイドルグループ・ビッグバンの持分(役割)だ。来る28日から3日間コンサートを持つ予定の”ビッグバン”のコンサートは今回の集計で14位に終わったが現在チケット前売りが進行中なのに加えコンサートの最高シーズンの12月に開くという点を勘案すれば順位は急上昇すると予想される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。