東方神起、ドラマ『太王四神記』のテーマ曲を歌う

東方神起が、MBC水木ドラマ『太王四神記』のテーマ曲『千年恋歌』を歌うことになった。

韓国ドラマ史上430億という最高の制作コストが投じられた『太王四神記』は、日本や中華圏国家でも放映される大作であるため、韓国と日本をはじめ、アジア全域で人気が高い東方神起がテーマ曲を歌うことになった。

テーマ曲『千年恋歌』は、日本の有名アニメーション『となりのトトロ』『千と千尋の神隠し』『ハウルの動く城』の音楽監督で有名な久石譲が作曲した曲。東方神起と久石譲の出会いで誕生した『千年恋歌』が、どのようなカラーを見せてくれるか注目を浴びている。

ファンタジー叙事ドラマ『太王四神記』は、韓半島歴史で唯一人広闊な大陸征服を行った広開土大王の活躍と恋、そして彼の生涯を描いたドラマで、ワールドスターペ・ヨンジュン、ムン・ソリと新人女優イ・ジアが主演を務め、キム・ジョンハク監督が演出し、放送前から多くの関心を受けて来た。

また東方神起は9月19日、日本で13枚目のシングル『SHINE/ Ride on』をリリースする予定。

【出典】http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=7&ai_id=75945

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。