東方神起、ジャニーズの前に屈する‥それでも快挙

グループ東方神起が、日本のオリコンチャート週間1位になることは難しい状況である。

1日、日本で12枚目のシングル『SUMMER~Summer Dream/Song for you/Love in the Ice~』をリリースして、オリコンデイリーチャートを征腹した東方神起は、3日また1位になり、ウィークリーチャート1位の期待感を抱かせた。週間トップは、日本での真なる成功の象徴である。

東方神起の前に立ちはばかったのは、ジャニーズジュニアのHey!Say!7。東方神起と1位をめぐって競合したこのプロジェクトグループは、4日緊急握手会を開催、多くのアルバムを短時間で売り飛ばした.

東方神起もタッチ会で対立したが、日本芸能界を掌握しているジャニーズを越すには力不足だった。SMAP、KinKi Kids、KAT-TUNらを成功的に輩出したジャニーズは、特に男性アイドルグループに関する独歩的な立場を守っている。日本のライバル企業エイベックスと連関されている韓国SMエンターテイメントの東方神起が、トップに君臨することが座視できないのだ。

東方神起は日本活動で、見えない壁にぶつかった。現地の権威ある音楽番組である『うたばん』『ミュージックステーション』などに、一度も招待されていない。オリコン週間結果は7日に発表されるが、結果は難しい可能性が高い。東方神起は日本で期待以上の成果を収めた。同時にジャニーズの人気を今更実感することになった。

【出典】http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=7&ai_id=75135

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。