東方神起と中国過激ファン、市内追撃戦

韓国を超えアジアで人気を集めているグループ東方神起が、中国での人気を誇示した。

東方神起は、6日にCF撮影のため極秘で中国上海に到着した。しかし、東方神起のスケジュールを事前に把握した中国の熱狂ファンが、上海浦東国際空港で陣を取っていた。

9日、中国の青年報の報道によれば、東方神起は空港に到着し3台のアウディバンに別れて乗り込み移動したが、熱狂ファンが自動車で追いかけ浦東空港から市内まで追撃戦が起きた。ファンが乗った車が東方神起の車に追い付くと、ファンは一斉に窓を外にプラカードと写真を突き出し、東方神起に対する愛情を表現した。

それだけではなくファンは2日間、CF撮影現場とホテルのロビーに陣取って、家にも帰らず東方神起を待った。眠りもせず約40時間東方神起のスケジュールに合わせ付いて回った。東方神起がスケジュールを全て終えた後、撮影現場を去ろうとした瞬間、ひとりのファンがジュンス(シア)を発見し、ファンが殺到し現場にいた職員たちとファンの間で小さな衝突が起きるというハプニングも起きた。

中国で韓流スターとしての位置を固めた東方神起は、1日に発売した日本での9番目シングル『Step by Step』が発売当日オリコンデイリーシングルチャート5位を記録しながら、アジアでの人気を証明した。

【出典】http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=7&ai_id=68798

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。