東方神起、2006歌謡界グランドスラム

グループ東方神起が2006年歌謡授賞式統合チャンピョンの座に上がった。

東方神起は、29日午後一山KINTEXで開かれた「2006SBS歌謡大典」で大賞を受賞。今年4冠王を占めた。

リーダーのユンホ(U-Know)は、「先輩方もいらっしゃるのに申し訳ありません。SMスタッフの皆さんに功労を捧げます。両親が来てくれているが、感謝して、愛しています。スタイリスト、ダンシングチーム、作曲家の方々にも感謝します。ファンクラブカシオペア、ありがとう。私たちだけが感じることができる感情と空間があります。まさにこれです」と受賞の感想を述べた。東方神起は、この日の大賞授賞で「2006ゴールデンディスク授賞式」、「MnetKMミュージックフェスティバル」、「第16回ソウル歌謡大賞」に続き、4つの授賞式で大賞を掻っ攫った。

「SBS歌謡大典」は、アルバム販売量と放送回数、オンラインダウンロードの他に、SBS『生放送人気歌謡』の成績とネチズンの投票を基盤に大賞を選定した。

【出典】http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=7&ai_id=67205

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。