東方神起「生き残るという覚悟で出てきた」

060930_tvxq_3rd-album_PC_08

東方神起が国内で3集アルバムを発表してショーケースを開いた。

東方神起は9月30日午後5時30分、ソウル蚕室主競技場で3集アルバムのショーケース記念記者会見を持って、今後の活動計画と覚悟を明らかにした。

東方神起は一度外形的に多くの変化姿で登場して視線を集めた。「’O’-正.反.合」というタイトル曲に合わせて正半という全く違う感じの2つのスタイルを披露する予定だ。

まず、変形されたスーツスタイルにメンバーたちがロングコートやスキニージーンズ、ワイルドパンツなどで風変​​わりな感じを伝える。第二は、カウボーイルックにオボロルジュなど、過去のカウボーイスタイルの衣装を現代のトレンドに合わせて変形させ、アクセサリーとして素敵さを加えた。
「’O’-正.反.合」はヒップホップ、トランス(電子音楽)など、様々なジャンルがクロスオーバーされた曲で韓国的なメロディーをもとにスピーディなギターの旋律と強烈なシンセサイザーの演奏、多彩なビットが引き立つ曲だ。また、東方神起だけの派手なパフォーマンスを見ることができる。

韓国をはじめ、アジア各国から来た約5万人のファンのためにショーケースを持つ東方神起は10月1日、SBS「人気歌謡」を通じてカムバック舞台を持つ。

次は、東方神起との一問一答。

▼3集アルバムに臨む覚悟は。

(シアジュンス)今回のアルバムは、ファンにもっと近づくためのアルバムである。音楽的に成熟したスタイルで構成された。今回もSMPジャンルで東方神起だけのパフォーマンスと色を見ることができる。期待してくれ。

(ユチョン)3集アルバムは、再び1集のようなスタートになるようだ。多くのジャンルをお見せしようしようとしたので、期待して多くのくれ。

(ジェジュン)3集は、ジャケットからミュージックビデオ、音楽まで、新しい姿、成熟した姿見せしようと努力したので期待してほしい。今回のアルバムは、年齢、多くの方々から子供の友達まで多様に聞くことができるアルバムである。

(チャンミン)私たちのメンバー5人はもちろんのこと、多くの方々の汗が入ったアルバムである。タイトル曲はダンス曲なのに楽に聞くことができるバラードやR&B曲などたくさんございますのでよろしくお願い申し上げます。

(ユンホ)別の開始だと思う。今回のアルバムでは、メンバーの個人ボーカルが強く逮捕された。自分だけの色を探していく過程であり、東方神起だけの色がにじみ出るアルバムである。3家はガキから既成世代までゆっくり聞くことができる曲が多い。

▼ジェジュンのヘアスタイルが破格的に変わっていた。

(ジェジュン)、これまでの黒い髪だけして、今回の色を変えてみた。額も多く露出した。私だけでなく、チャンミンが頭を育ててそうなのか、男性らしく成熟美があふれるように変わったようでユチョンが茶色の髪ではなく、黒い色の髪を披露した。コンプライアンスも男性に多く変わった。

▼メンバーたちの歌の実力が大幅に向上したとしたが、特に歌の練習をしたのか。

ボーカルレッスンを別に受けたのはなかったと考える時間がたくさん与えられた。日本で活動しながら、それぞれの色を見つけたようで、それが歌に埋めたようだ。今回の3集は、東方神起の色がたくさん詰まったアルバムである。

▼後半に雨やセブンなど人気歌手らのカムバックする予定だが、東方神起が3集アルバムに臨む抱負は。

(ジェジュン)生き残るという覚悟で出てきた。東方神起だけの色をアピールすることが重要そう思う。

(シアジュンス)私たちは通常、カムバックという言葉よりもデビューという言葉を多く使う。1家デビュー、2集デビュー、3集デビューというふうにだ。私たちが準備したものと、私たちが見せたい姿を頑張りますのできれいに見ていただければいい。私たちは熱心にするだけだ。

▼今後、個々の活動は。

(ユンホ)本業が歌手であり、今回新たに3集アルバムが出てきたので、まだ一人一人の活動は、計画がない。

(シアジュンス)2集までは音楽放送のみ注力してきた。もちろん今回も音楽放送にたくさん出演する予定であり、加えて2集よりも多くの番組やENGを介してお会いします。

▼練習中チャンミンが多打った今の状態は。

(チャンミン)今は非常に良くなって踊り、今日のショーケースと明日初放送までよくすることができるようになった。多くの心配くださった感謝します。

(ユンホ)私たちが練習をひどくして怪我をしたというよりは病魔が挟まったようだ(笑)。トリックオアトリートと考える。3集アルバムがよくなれ神が罰を与えられたようだ。

▼長い間、国内の空に不安はないか。

(シアジュンス)その中に、私たちが長い間休んで出てきたとお考えの方がいます、日本で絶えず活動を続けてきた。空白期がなかった息を切らして走ってきたようだ。今回、日本で長く活動している風に国内ファンたちに申し訳なく韓国での活動に今後注力するからたくさん期待してお願いする。今日会場に来てくださったファンのために体が壊れたがあっても熱心にする。

(ユンホ)今日、多くの国のファンがショーケースを見てきたことを知っている。特異今回のショーケースは、困っている人を助けることができるドネーションショーケースだ。ファンのように困難な人々を助けることができるという点では良いことであるようだ。

▼台湾などアジア各国を歩き回ったが、国別のファンの特徴があった?

(ユンホ)好きな情熱は同じである。しかし、プラカードの場合、韓国は大きく名前を書く方、日本は色紙のようなもので可愛らしく表現する方だ。そして、中華圏は夜光や光で華やかに表現する。台湾でも、私たちの歌が1生きることについてよく知っているモニターもしている。まだ具体的な計画はないが、機会が届きましたら、台湾にぜひ行きたい。

▼タイム100人に選ばれた雨のように大きな目標がある場合。

(シアジュンス)非先輩のようにそのようになることができれば、本当にいい。しかし、どこまで行く、これ成し遂げるという具体的な考えをしてみたことがない。今重要なのは、3集アルバムである。ハード健康に誰もいない怪我をして活動したいと思う。後で機会があれば、ビルボードのようなところにも、私たちの音楽を見上げてはたいルートもあまりにも難しくて…(笑)。

(ユンホ)各国を歩き回りながら東方神起が好きな方に直接見ていただきたい機会があればコンサートをたくさん開いて皆さんと一緒に多くの時間を持ちたい。

▼最後にやりたい言葉は。

(チャンミン)ショーケースをすることになった取材陣の皆さん、私たちを評価する感じではなく、楽しみながら笑って家に帰ってたら良いだろう。今年末までに3集活動頑張りますので、多くの愛をお願い。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。