東方神起相次ぐ負傷、今度はチャンミン抜け

060915_tvxq_rising-sun_con_25

東方神起の脚が続く受難に泣いている。

東方神起メンバーたちの負傷が相次いでいる中、9月15日、タイのバンコクImpact Arenaで開催されたコンサートでは、チャンミンが足首の負傷でダンスパフォーマンスの舞台をお目見えできず、切なさを抱かせた。

昨年2集アルバムでの活動を開始する直前ジェジュンが振り付け練習中、右ひざを痛め「Rising Sun」の舞台に銀仮面をかぶったダンサーがしばらくの間、空席を代わりにしなければならいた。東方​​神起は、去る7月、マレーシアのコンサートでは、ユンホが足首負傷、日本「a-nation」の舞台に立たなかった。ところが、今回はチャンミンがタイ来る前日の12日、韓国で最終リハーサルを持った中右足首を痛め、結局コンサート当日ダンスパフォーマンスをお目見えない不運を経験した。

チャンミンは14日の記者会見当時、タイでリハーサルを行い、足首の状態を見守った後、ステージに立つことになるか否かについて判断すると述べたが、最終的に激しいダンスを踊るのは無理との判断にダンスの舞台では、銀マスクマンが代わりにした。しかし、そのほかのライブステージでは、すべての参加素敵なハーモニーをプレゼントした。

「足首が少し上限(?)らしい」は独特の表現で足首を負傷を心配する取材陣の質問にウィットように答えたりしたチャンミンは現在負傷の状態が深刻な程度はありません回復されている段階である。

チャンミンはコンサートを終えて記者たちと一緒にした席で、「メンバー4人が、私の分までしてくれるしたので申し訳ない気持ちが大きかった。申し訳ありませんでも早くよくなければという思い」と「筋肉が軽く負傷した程度である。すぐに治るそうなので心配はいけない」と安心させた。

ジェジュンは「2集タイトル曲 ‘Rising Sun」を歌って、私はじめユンホまで傷つく風にこの曲の場合、舞台に立つ大型が4,5個になるほどその時その時の状況に応じて変わる」と明らかにしたユンホは “メンバーが好ましくしきりに傷めるみる健康にさらに気を遣うされる」とし、改めて健康の大切さを悟っていることを伝えた。

今回のコンサートには、1万4千人のファンが入場しており、約2千人程度のファンはそこまで入らできず、足をバタバタ転がる事態が発生した。東方神起は今回の舞台のために大規模なセットを直接韓国から空輸してくるなど、特別な努力を傾けたことが分かった。

東方神起はこれから韓国に入ってきて、9月28日に発売される3集アルバムのミュージックビデオの撮影と一緒にボーカルと振り付けの練習を行い、10月1日があるSBS「人気歌謡」カムバック舞台準備に万全を期する予定である。

【出典】http://media.daum.net/entertain/culture/newsview?newsid=20060916120511212

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。