タイ訪問東方神起、入国審査ない受信した理由?

人気グループ東方神起が入国審査なしでタイバンコクに入国した。

タイで行う初の単独コンサート「Rising Sun 1st Asia Tour Live In Thailand」のために、13日午後9時(現地時間)、バン​​コク国際空港に到着した東方神起は、入国審査を受けずにすぐに空港を抜け出した。

理由は、空港に集まった3,000人余りのファンのためである。

ファンが大挙殺到東方神起は飛行機で降りなかった事故を憂慮した空港警察は滑走路に車を待機させた。警察側の配慮で東方神起は入国審査なし滑走路から宿泊施設まで何事もなく無事に到着した。
東方神起がタイで「特急待遇」を受けた理由は、去る6月の最初の訪問時、空港に集まったファンのために器物が破損するなどの事故が発生したため。一回の経験を持つ、警察がファンに分散させるために用意した自己救済策であるわけだ。

「タイチャンネルV授賞式」のために、タイを訪れた後、第二の現地を訪問した東方神起は15日午後8時バンコクインパクトアリーナで単独コンサートを開いて、タイのファンと直接会う。

公演に先立ち14日、ペニンシュラホテルから約1時間の間進行された記者会見には、韓国をはじめ、タイ、マレーシア、フィリピン、シンガポールなどで参加した約200人の取材陣が殺到した。

東方神起は記者会見で、「タイで行う初のコンサートとさまざまな姿を見せなければならしてたくさん震える」としながら「5人が一緒に繰り広げるハーモニーに重点を置いた。新しい思い出を持つようになるだろう」と期待感を伝えた。

【出典】http://media.daum.net/entertain/culture/newsview?newsid=20060914162415019

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。